緑の午後 おいしいコーヒーのいれ方 V

緑の午後 おいしいコーヒーのいれ方 V

作者名 :
通常価格 385円 (350円+税)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

5歳年上のいとこ、かれんと恋におちた大学生・勝利。そうとは知らず、勝利に思いをよせる星野りつ子。追いつめられた勝利は、ついに星野に「秘密の恋」をうち明ける。単身赴任していた勝利の父親も帰京し再婚、勝利の妹も誕生して、かれんとその弟の丈、そして勝利の3人だけの生活が変わろうとしている。番外編、丈の恋物語も収録する好評シリーズ第5弾。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2014年08月24日

    おいしいコーヒーの入れ方シリーズ第五作目。
    すごい話が進まないなと思いました。距離が近くなったり、遠くなったり…。ずっとこのやり取りだなぁと思いました。でも、文章や言葉がとても綺麗で引き込まれていくので、飽きませんでした。
    星野りつこが、最初勝利に当たってるところや、相変わらず勝利に何かとくっついて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月02日

    5歳年上のいとこ・かれんと恋に落ちた大学生・勝利。そうとは知らず、勝利に想いを寄せる星野りつ子。追い詰められた勝利は、ついに星野に「秘密の恋」を打ち明ける。単身赴任していた勝利の父親も帰京し、再婚。勝利の妹も誕生して、かれんとその弟の丈、そして勝利の3人だけの生活に、変化が訪れようとしている──。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月22日

    ついに5巻!
    1stシーズンのやっと半分。

    相変わらずスローペース。
    でもイライラしなくて心温まる小説なんだよね。
    勝利が大学生って事もあり、親しみやすさを勝手に感じてます。
    かれんがかわいいー!笑

    星野さん大丈夫かな…?
    今後の四角関係が気になります。
    最後の終わりは何!?
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月01日

    おいしいコーヒーのいれ方の5冊目。

    お姉さんっていい。お姉さんって呼ばれるような人と一緒にいたいです!お姉さん!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月21日

    すぐ読み終わっちゃうね。勝利一人暮らし計画始まるー イチャイチャし放題だね。
    星野りつこ大丈夫かな?メンヘラ臭が…
    丈の番外編もなかなか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月29日

    複雑な環境のなかで恋する二人の物語に夢中になって読みました。ハラハラしたり、暖かい気持ちで読めたり、と様々な場面にとても惹きつけられたシリーズの一つです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月04日

    ショーリの周りで
    いろいろあったなーヽ(*・ω・)ノョ

    なんかいやな予感がするのは
    私だけかしら??笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月05日

    まずひとこと。

    よかったね(^^)
    読んでてきゅんきゅんするねー



    そして、丈…

    お前すっきやわぁ(o^o^o)ノ


    いいキャラしてる☆

    彼がいなかったらこの話は厚みがでないよね。


    さてさて次はどうなることやら…?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月01日

    正直、ここまで早く読み進められるとは思っていなかった。
    しかしし、少し考えたのは自分自身で少しそうゆう感情をほっしているせいなのかもしれない。
    楽しく続きが読めそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月26日

    嬉しいときには自然と歌いたくなる。幸せなときはそれこそ踊りながら好きな歌を口ずさみたくなる。
    おいコーシリーズにはよく歌(主に洋楽)が出てくる。物語の内容を暗に意味する章題に使われ、その時々の気持ちにあった歌詞が引用される。この巻では特に歌がよく現われる。読むときにはそれなりの洋楽を聴きたくなるもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています