沢木まひろの一覧

「沢木まひろ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/03/27更新

ユーザーレビュー

  • 本をめぐる物語 一冊の扉
    8人の作家による本をめぐる物語。切り口が各人各様、装丁の話もあり、作品を生み出す基本エッセンスあり etc。電子書籍が増えてきたけど、やっぱ手に取る本がいいわと感じさせてくれた一冊。本は誰かに届けられる。本は電子書籍に比べ、より沢山の人の気持ち、技術が結集され生まれるを実感。それにしても最近の本はア...続きを読む
  • こごえた背中の、とける夜
    背が低くコンプレックスのある42歳の時計職人と背が高くマネキンのように美しい20歳の彼。
    突然降り出した雨の午後、駅のホームで出会った二人は恋に落ちた。

    傘を貸したことがきっかけで、名前しか知らない相手と転がり込んできたまま同棲するって、なかなかな始まり。
    愛されていることを素直に受け入れられない...続きを読む
  • 恋より或いは美しいもの

    迷ったら騙されたと思って読んで

    以下は市井の一読者の戯言ですから、聞き流してください、俺が30歳くらいの頃、ドリカム(一人抜けたけど)関係って言葉があった。女の子がいい娘なら、男は絶対二人ともその娘を好きになってしまう、野島何某の証券会社に入ったチョロが自殺するドラマで鈴木保奈美がいい娘だから唐沢も江口も好きになって江口が素潜りに...続きを読む
  • こごえた背中の、とける夜
    「きみの背中で~」を読んだ時に合わないかなと思っていたのに、今作ではどっぷり嵌まりました…。やっぱり文章が綺麗。この表現いいなあと思う描写がたくさん。ちょっと残念だったのは終わり際で時計を渡すシーンが省略されてしまった事! 敢えての事だとわかっていても蛍の反応が見たかった…。
    あと沢木さんの描く女性...続きを読む
  • 僕の背中と、あなたの吐息と
    高校時代に教師と生徒として出会った二人。
    一緒に暮らし始め、幸せなはずなのに喧嘩になる。
    価値観の違いを上手に埋められず苦悩する日々。


    人の欲って際限がなくて、現状に満足するってことができなくて。

    一緒にいられない時は、毎日一緒にいることに憧れて。

    毎日一緒にいられるようになっても、それだけ...続きを読む