沢木まひろの一覧

「沢木まひろ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/03/27更新

ユーザーレビュー

  • 本をめぐる物語 一冊の扉
    #中田永一 #メアリースーを殺して
    本を読んで二次創作をすることだけが楽しみだった主人公が、メアリー・スーをなくすため、自分に自信を持てるように自分を磨くのは単純に素敵だなと思った!
    .
    #宮下奈都 #旅立ちの日に
    #羊と鋼の森 以来の宮下奈都さん。本の内容というよりも、いつか自分の力で運命の本を探...続きを読む
  • 本をめぐる物語 一冊の扉
    8人の作家による本をめぐる物語。切り口が各人各様、装丁の話もあり、作品を生み出す基本エッセンスあり etc。電子書籍が増えてきたけど、やっぱ手に取る本がいいわと感じさせてくれた一冊。本は誰かに届けられる。本は電子書籍に比べ、より沢山の人の気持ち、技術が結集され生まれるを実感。それにしても最近の本はア...続きを読む
  • こごえた背中の、とける夜
    背が低くコンプレックスのある42歳の時計職人と背が高くマネキンのように美しい20歳の彼。
    突然降り出した雨の午後、駅のホームで出会った二人は恋に落ちた。

    傘を貸したことがきっかけで、名前しか知らない相手と転がり込んできたまま同棲するって、なかなかな始まり。
    愛されていることを素直に受け入れられない...続きを読む
  • 僕の背中と、あなたの吐息と
    高校時代に教師と生徒として出会った二人。
    一緒に暮らし始め、幸せなはずなのに喧嘩になる。
    価値観の違いを上手に埋められず苦悩する日々。


    人の欲って際限がなくて、現状に満足するってことができなくて。

    一緒にいられない時は、毎日一緒にいることに憧れて。

    毎日一緒にいられるようになっても、それだけ...続きを読む
  • きみの背中で、僕は溺れる
    まずダ・ヴィンチ文庫はカバーやフォントなどの装丁がきれいです。
    この本も然り。ページを捲るたびにきれいだなあって思います。

    沢木まひろさんの背中シリーズ第一弾。

    不倫という罪の中での恋愛なのに、ここまで透明なのはなぜでしょう?
    それはきっと佐伯さんと僕が、純粋に求めあっているから。
    けれど最後、...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!