「牧野雅彦」おすすめ作品一覧

【牧野雅彦】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/08/28更新

ユーザーレビュー

  • 新書で名著をモノにする 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』

    原書プロ倫理の注釈本みたいな内容かとおもったら、ニーチェやマルクスにシュミット、そしてユダヤ・キリストの原典にもあたりつつの独自の解釈を提示しており、なかなかの好著。このシリーズの続編があるのなら是非読みたいところだ。人物間の連関をマッピングした本はよく見るけど、著書を軸に言説にひもづけられるソーシ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • はじめての政治学

    小中学生からでも読める、政治そのものへの素晴らしい入門書

    政治というとだいたいの人間はTVに流れる国会や官僚とかを思い浮かべるがそれは間違いだ。家族や学校の中で誰かと関わる時、そこにはすでに政治という現象が生まれている

    ではその日常のミクロな場にも働く政治とは何で、何のために存在し、それがオレた...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 精読 アレント『全体主義の起源』

    『全体主義の起源』はH.アレントの主著のひとつであり(初版は1951年)、20世紀が生み出した最大の災厄、全体主義(Totalitarianism)をテーマにして、全体主義が「結晶」していく過程を考究していく難解(かつ高価)な本です。「いまはとても読める自信がないけれど、死ぬまでに一度は読んでおきた...続きを読む

    Posted by ブクログ