「藤堂裕」おすすめ作品一覧

「藤堂裕」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:藤堂裕(トウドウユタカ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1979年11月18日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:マンガ家

兵庫県立洲本高等学校卒。『由良COLORS』、『S -最後の警官-』などを手がける。『S -最後の警官-』はテレビドラマ化されている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/19更新

ユーザーレビュー

  • Sエス―最後の警官―(20)
    第20巻、堂々の完結編。
    第2海保にて、アルタイルとの決戦が、始まる。
    戦いの勝利は...

    確保か制圧か、例え、どんな悪人も護って、法の下に裁きを受けさせる。

    お前が本当に護りたいものは何だ?
    なぜ犯罪者を護るのか?
    護ることに理由なんか無い、
    それは、俺が警官だからだ。

    最後まで、護り抜く。...続きを読む
  • Sエス―最後の警官―(19)
    コンサートホールを占拠したアルタイルは、ゆずるや中丸隊長ら多くの人々に襲いかかる。

    多くの犠牲者の中、ゆずるや中丸隊長はかろうじて、一命を取り留める。

    そして、香椎隊長の思いは、天城審議官の策略は、...

    NPS、SST、SAT連合対アルタイルの決戦が、刻一刻と近づく。

    決して負けられない闘...続きを読む
  • Sエスー最後の警官ー(16)
    3Dプリンタ銃を使ったハイジャック事件、いよいよクライマックス。
    神御蔵は、蘇我は、そして横川警視は、...
    事件の代償は、あまりに大きかった、蘇我心は元に戻るのか?
    本当に事件は終わったのか、裏で糸を引いていたのは、誰なのか?
    そして、新たな試練が...
    怒涛の第16巻。


  • Sエス―最後の警官―(1)
    TVドラマを見て購入。やはり漫画とTVでは味付けの違いはあるものの、読んでも面白い。SATは秘匿され、NPSは公表される。伊織と一號の確執と同じ構造のように感じる。NPSは犯人を生かして確保する、罪の償いをさせるという物語で、マンガとしてはアリなのだろうが、現実はどうだろう? 第1話で犯人に暴行され...続きを読む
  • Sエス―最後の警官―(2)
    本とTVをほぼ同時進行で見ている。第2集で「命の盾」からSATとNPSの合同訓練まで、ドラマと比較するのも楽しくなってきた。警察上層部の腹黒い思惑に対し、NPSと一號はこれからどう立ち回るのかも楽しみだ。

特集