宇沢弘文の一覧

「宇沢弘文」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/11/28更新

ユーザーレビュー

  • 経済学は人びとを幸福にできるか
    夢中になりました。
    現代社会の課題に対する考察は、どれも共感できるものでした。むしろ今まで意識していなかったことを、不意に気付かされた印象です。
    中でも特に大事にしたいと思ったのは、教育と都市造りに関する論考です。
    教育に関する部分では、子を持つ親としてこれまでの認識を改める必要性を感じました。親は...続きを読む
  • 社会的共通資本
    難しいことを易しく、経済学的視点から社会のシステムについて述べている。ポスト資本主義、アフター(ウィズ)コロナの社会システムとしてかなり素晴らしい案だと思う。2000年の著作。著者の慧眼に敬服。
  • 社会的共通資本
    宇沢『社会的共通資本とは、一言で言えば「誰にとっても等しく大事なもの」を「社会にとっての共通の財産」として大切にしようということ..具体的には、「自然環境」「社会的インフラストラクチャー」「制度資本」の三つの大きな範疇に分けられます』

    教育も研究も社会的共通資本だよね。オススメ!
  • 社会的共通資本
    2020.24
    良書すぎた。
    ・社会的共通資本とは、人伝的に魅力ある社会を持続的安定的に維持することを、可能にする社会的装置
    ・自然環境、社会インフラ、制度資本の3つで構成される。
    ・市場機構や、評価、官僚的な管理をされるべきものではない。
  • 自動車の社会的費用
    この本にある経済学的な思考は誰にでも備わっているべきである。我々は、社会的な価値判断を前提として生きている。しかし、その社会的価値判断は一度下されると、再び検討されることがない場合がある。それが問題となるのは、本書の主題となっている「自動車通行に伴う社会的費用の発生」といったような、社会的価値判断が...続きを読む