経済学の考え方

経済学の考え方

作者名 :
通常価格 946円 (860円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

経済学とはなにか、経済学の考え方とはどういうものか――日本を代表する経済学者が自らの研究体験を顧みながら、柔軟な精神と熱い心情をもって、平易明快に語る。アダム・スミス以来の経済学のさまざまな立場を現代に至るまで骨太いタッチで把え、今後の展望をも与える本書は、経済学のあるべき姿を考えるために格好の書物と言えよう。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
267ページ
電子版発売日
2017年09月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

経済学の考え方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年03月08日

    宇沢弘文氏がケインズ経済学を中心に経済学の成り立ちと考え方について丁寧に論じている。

    いろいろと目からウロコで感動的でさえあった。
    高校生の頃、読んでいたらきっと経済学を専攻していただろう。
    (きっとケインジアンになっていた)
    が、高校生の頃、読んでいたら何が書かれているかわからなかったに違いない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    既読の「経済政策を売り歩く人々」や「物語 現代経済学―多様な経済思想の世界へ」と取り扱っている射程は概ね同じと感じました。
    一気通読。
    近代経済学の前提やその前提から導出される諸命題などについてコンパクトながらも詳らかに記され染み入るものがありました。
    また上記他書にはあまり記述のない、ヴェブレンや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月12日

    70~80年代の反ケインズ経済学にはぴしゃりと厳しい宇沢先生。たしかに合理性だけで根拠に人間の複雑な行動の総体を一般化するのは無理があるし、そのことに寄りすぎると結局は世の中投機合戦になってしまって、どこが「経世済民」やねんと。

    ソースティン・ヴェブレン、ジョーン・ロビンソンについて調べたくなった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月14日

    初心者向けではない。ただ、経済学の基礎知識があれば、経済学史の核となる論点がすっきりまとめられていて、読みやすいと思います。合理的期待形成仮説やマネタリストに対してはとても辛辣。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月24日

    アカデミックな内容でありながら、ロジックとストーリー、著者の自説のバランスが良く、経済学初心者の自分でもこれまでの歴史と課題などを概観することができ、経済学への興味を深めることができた。なかなかの良書だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月17日

    宇沢弘文ご本人の考える、経済学説の解説本であると同時に、評価本でもあります。
    しかし、現代の経済学思想につながる考え方も随所に現れており、そういうことだったのかと思わせる事も多い。

    ただし、少し経済学に詳しい人でないと難解であるとも思える。経済学を初めて学ぼうとする人がこの本にとりかかると、少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    経済学がこれまでどのように形成され、
    その底流にどのような考え方があるのかを明らかにした本

    2年後に再読したい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    1月?
    本書は、アダム・スミスから現代の経済学に至るまでを通し「経済学の考え方がどのように形成され、発展してきたかという面に焦点を当てた」本であった。ある程度の経済学の知識は読む上で必要である。経済学者の生涯にも触れつつ、そこでの体験が、どのように経済学的な考察へ影響をあたえたのかも記してあり、とて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月26日

    経済学の考え方とはどのようなものか?について、時代を追って解説されています。

    難しいです・・^^;。正直言ってほとんどチンプンカンプンでした。
    経済学の教科書、といった方が良いかも。

    それでも、ちょっと道徳っぽいアダムスミスから始まって、型にはめようと苦心した新古典派経済学へ。
    現実に即したもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「経済学とはなにか、経済学の考え方とはどういうものか―日本を代表する経済学者が自らの研究体験を顧みながら、柔軟な精神と熱い心情をもって、平易明快に語る。アダム・スミス以来の経済学のさまざまな立場を現代に至るまで骨太いタッチで捉え、今後の展望をも与える」一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています