「ボリス・ヴィアン」おすすめ作品一覧

「ボリス・ヴィアン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/25更新

ユーザーレビュー

  • 日々の泡
    頭の中が色んな絵でいっぱいになった。家が丸くなるのとか、小さくなって行くのはとても微笑ましくて悲しかった。いい作品
  • 日々の泡
    この小説が原作の映画「ムード・インディゴ」を見に行く前に読み返した。
    読むのは、もう何度目かわからない。
    好きな小説は何かと聞かれると、一番に浮かぶ小説。
    「20世紀で最も悲痛な恋愛小説」と言われているそうだけれど、空気はとても軽やかだ。
    ただ、読者を選ぶのは間違いない。
    現実と虚実が編み込まれた、...続きを読む
  • うたかたの日々
    大学の卒業論文をこの小説で書きました。正確にはこの小説と岡崎京子先生の漫画版で書いたのです(`・ω・´)フランス文学科だったにもかかわらずフランス文学が苦手だった私。。この作品がなかったら大学を卒業できなかったと思います。ボリス・ヴィアンの描く悲恋。独特の比喩や擬人表現に、戸惑う人が多いですが、一度...続きを読む
  • 日々の泡
    まず、描写が綺麗、美しい。脳内でその綺麗な映像が細かく、鮮明に思い浮かべられるし、その映像が本当に綺麗。文章力に、脱帽です。ところどころの表現はすこし非現実的で、けど内容はどこか現実味を帯びているような表現だなと思いました。
    アリーズとシックの結末、またハツカネズミのこと、残されたコランのこと。すべ...続きを読む
  • 日々の泡
    幻想と皮肉と遊びと悲壮の入り交じった、美しいメルヘンです。根底に暗澹とした「不条理」が見え隠れしているところなんかは、いかにも当時のフランスらしい感じもしますが、簡単にフランス文学と一括りにはできないほど力強い作品だと思います。耽美で独特な描写は、このボリス・ヴィアンでしか見たことがありません。

    ...続きを読む