「渡辺房男」おすすめ作品一覧

【渡辺房男】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/02/20更新

ユーザーレビュー

  • 儲けすぎた男  小説・安田善次郎

    安田善次郎の生い立ちから起業して安田財閥として成り立っていく過程、そして明治維新という日本の激動期における企業の興亡を生き生きと描いている。
    安田寄り(贔屓)の視点であることは否めなく、当時の時代と経済界の状況を俯瞰できるとは言い難いが、それだけに物語として読みやすい構成。

    貧乏な生い立ちの安田善...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 命の値段

    著者は、東大文学部卒の渡辺房男。
    NHK在職中に、第23回歴史文学賞を
    とった。生命保険の創世記に、
    庶民が入りやすい保険を作った男の話。
    どんな時代にも妻の後押しなくては、
    男は成り立たぬもの。
    文章はとても読みやすい。

    Posted by ブクログ