「ほぼ日刊イトイ新聞」おすすめ作品一覧

「ほぼ日刊イトイ新聞」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/01/25更新

ユーザーレビュー

  • 新装版 ほぼ日の就職論。「はたらきたい。」
    あとがきには、イトイさんが、遠くの灯のようであればいいと思った、というようなことを述べています。あそこに人がいるのがわかる、そういう気持ちさえあれば、各々が自分の足で歩いていけるでしょう、ということ。そして、その歩く行為が人生そのものであり、自律性であり、そのひとが主人公であるということなんです。
  • 新宿二丁目のほがらかな人々
    人生経験豊富なオネエたちの対談集。3人ともとっても頭がいいなー。という印象。今自分の前にいる相手をどうやって大事にしていくか。勉強になります。
  • 新装版 ほぼ日の就職論。「はたらきたい。」
    「憂鬱じゃなければ仕事じゃない」が
    あまりに強烈な仕事論だったので、

    糸井重里パパインタビューによる
    平易なことばの「働くこと考」で中和したくなりました。

    やっぱりLOVEです。

    仕事を自分の手で、
    作っていくという道を選んだわたしには、
    この表紙の樹のように、どっしりとした根を張ってくれるこ...続きを読む
  • 新宿二丁目のほがらかな人々
    オネエ芸能人が大好きなので楽しく読ませていただいた。が、女と違ってオカマは年齢は気にしない、みたいなことを言った時、彼女らは単純な「体は男で心は女な人間」ではないのだなと思った。女が年齢気にしないとかありえない。私なんて中学生の頃から小学生の若さに恐怖を感じてた。ちなみに彼女らによると、この本を編集...続きを読む
  • 新装版 ほぼ日の就職論。「はたらきたい。」
    就職活動に際して大切なのは、自分は何を大切にしているか、してきたかということ。

    様々な立場の方の声として、このことが伝わってくるのは自分にとって少し勇気になりました。

    それと同時に、様々な立場の方が、「何が正しいのか分からない」と言ってくれることも、自分にとって勇気になりました。

    これを免罪符...続きを読む

特集