ほぼ日手帳公式ガイドブック2020

ほぼ日手帳公式ガイドブック2020

作者名 :
通常価格 1,324円 (1,204円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2020最新版が、8月20日に発売決定!
たのしい使い方から
99種類の最新手帳ラインナップまで、
「ほぼ日手帳」のことが
まるごとわかる公式ガイドブックです。

■特集:ほぼ日手帳のある毎日。
アイドルグループNegiccoのNao☆さん、
タレントのビビる大木さんをはじめ、
全国各地のみなさんを取材。
相撲手帳、牛飼い手帳、マンガ手帳に野球手帳....
たくさんの使い方や工夫を紹介しています。

■ほぼ日手帳2020全ラインナップカタログ
オリジナル、カズン、weeks、5年手帳など
最新カバー&アイテムがずらり。
手帳チームが製作秘話を語るコーナーもあります。

■ほぼ日手帳2020本体解剖
ほぼ日手帳2020年版のつくりや特徴を
わかりやすく解説。
初めての方はここを読めば、
ぴったりの手帳が見つかるはず。

■ほぼ日手帳紙上ミーティング
みなさんの手帳の中身を大きなサイズで掲載。
ほぼ日手帳チームのひとりひとりによる
使い方の解説&感想つきです。

■ほぼ日手帳製本工場の秘密。
薄くて軽いトモエリバーをどのように
こわれにくく製本しているのか。
ほぼ日手帳の製本工場で、丈夫さの秘密を聞きました。

■5年手帳は2年目からがおもしろい。
1年目より2年目がダンゼンおもしろくなる
「ほぼ日5年手帳」の使い方をご紹介!

■ほぼ日手帳、みんなの悩み相談室。
「こんなときどうしてる?」という
ほぼ日手帳の使い方に関するみなさんのギモンに
みなさんが答える、という相談コーナー。

■仕込む、文具。
ほぼ日手帳といっしょに持ち歩きたい
薄い文具や軽い文具を厳選して紹介。

ひきだしポーチやTOOLS&TOYSの情報も。
■中国のみんな、どんなことを書いているの?
■2020年 手帳でたのしむスポーツの年

ジャンル
出版社
マガジンハウス
ページ数
160ページ
電子版発売日
2019年08月20日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
116MB

ほぼ日手帳公式ガイドブック2020 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月20日

    私は、文字だらけだったり逆に余白だらけだったり殴り書きだったり何てことないメモ書きばかりだったりするほぼ日手帳を見るのが好きです。今回のガイドブックは、私好みの使い方をされている方の手帳が多く掲載されているような気がして、嬉しかったです。見ていてワクワクしました。
    個人的な話、2011年からユーザー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    読みたい読みたいと思ってた、ほぼ日の本。旅先の本屋さんで見つけてドキドキしながら頁めくった。来年のほぼ日手帳もたくさんたくさん思い出詰めよう❗

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月25日

    今年ほぼ日手帳デビューして来年も買おうかなと思い、参考にしようと購入。
    他のユーザーさんの使い方も載ってあり、参考になった。
    カタログを見ているとあれもこれもと目的以外のものも欲しくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月16日

    もう買い続けて何年目だろう、、ほぼ日買わなくても1日1ページ手帳ユーザーとしては読んでるととてもとても楽しいんだよなあ。来年こそ楽しい使い方をしたい!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月07日

    来年の手帳を考える時期がやってきた!
    選ぶときにたいてい候補に入ってくるほぼ日手帳なんだけど、SNSの可愛いイラストやデコレーションを見ると楽しい反面、私には無理だー!って思うことが多々ある。

    今年のガイドブックは「文字」や飾らない使い方をされてた人が多めに載っていて、なんかいいなって思った。白紙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています