「鈴ノ木ユウ」おすすめ作品一覧

「鈴ノ木ユウ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鈴ノ木ユウ(スズノキユウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1973年09月04日
  • 出身地:日本 / 山梨県
  • 職業:マンガ家

東海大学芸術学部卒。2011年『おれ達のメロディ』でデビュー。『コウノドリ』を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/22更新

ユーザーレビュー

  • コウノドリ 7巻
    【あらすじ】
    【NICU】:新生児集中治療室、通称エヌ。早産児や低出生体重児、または先天性の病気を持って生まれた新生児を、24時間体制で集中的に治療する設備である。一般的に、33人に1人の赤ちゃんがNICUに入室するといわれている。施設も病床も新生児科医の数も少なく過酷な現場だが、新生児科医は赤ちゃ...続きを読む
  • コウノドリ 8巻
    【あらすじ】
    妊娠初期】つわりの辛さは人それぞれ。大体妊娠12週目から16週目に楽になると言われているが、この時期の妊婦は外見から判断しづらい。そこで、マタニティマークが生まれた。他【マタニティブルー】【出産から退院まで】【研修医〈前編〉】を収録。

    【感想】
  • コウノドリ 12巻
    【あらすじ】
    【妊娠高血圧症】…妊娠中は赤ちゃんに血液を送るために母体の血液量がおよそ1.5倍に増え、血圧が高くなる。血圧が高いと合併症を起こしやすいため、高血圧の人や肥満気味の人は注意が必要。そのほかシリーズ【アレルギー】【転科】を収録。

    【感想】
  • コウノドリ 6巻
    【あらすじ】
    【子宮外妊娠】:妊娠検査薬で陽性と出るが、子宮腔以外の部分で受精卵が着床したため正常の妊娠ではない。命の危険にさらされるケースもあるため、早めの処置が必要になることもある。他【性感染症】【口唇口蓋裂】【乳児院】を収録。

    【感想】
  • コウノドリ 11巻
    【あらすじ】
    【長期入院】長い入院生活は、ベッドの上で一日を過ごすことが多く、何もすることがない。単調な毎日の中、赤ちゃんの様子を見られるエコー検査や面会の人との会話が楽しみになる。他【フルコース】【未熟児網膜症】を収録。

    【感想】

特集