「岡崎武志」おすすめ作品一覧

「岡崎武志」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/28更新

ユーザーレビュー

  • 蔵書の苦しみ
    『部屋にいるとギギギギ、ギィーって音がするようになって、ある日本を紙袋ひとつ分買ってきて、仕事部屋にポンと置いた。その瞬間に、床が落ちた。』なんか人ごとでないような気がする。ウチは団地だけど、大丈夫かな?
  • 蔵書の苦しみ
    「わかるわかる!」の嵐ですよ。
    収納場所が限界で、泣く泣く選んだ本を売りに行き、ぽっかり穴が開いたような気持ちになって、たまらずまた新しい本を買って帰ってしまう…ある!ある!
    様々な蔵書事例が大変面白く、一人古本市を開催するまでの話も興味深かった。
  • 蔵書の苦しみ
    本好きのあるあるがいっぱい詰まった本。読んでいてとにかく楽しいし、吹き出して笑ってしまう部分も有った。色んな本も紹介されていて、本にまつわる本としては是非読みたい本である。
  • 蔵書の苦しみ
    拙著「本で床は抜けるのか」と同じテーマを扱った本を再読。長年、本に特化して執筆してきた岡崎さんだけに蔵書の数は大変に多いし、本に関しての蘊蓄も膨大だ。体当たりルポ的なテイストの拙著とはアプローチがまったく違う。岡崎さんのはある意味、名人芸。参りました。師匠と呼ばせて下さい。
  • 蔵書の苦しみ
    タイトルの通り。
    苦しみまくっている人々のものすごい話たくさん。

    自分も悩みを持っているが、ここに出てきている人たちの
    桁は違う。
    あるマンガ評論家の自宅から搬送された書籍は、段ボール箱で
    4500箱!!

    著者は自分の蔵書を自分で古本屋を一日だけ開いて
    処分してしまったが、これも画期的な処分方法...続きを読む