「中島要」おすすめ作品一覧

「中島要」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/02/28更新

ユーザーレビュー

  • 刀圭
    中島要さんの「刀圭(とうけい)」(2010.9刊行、2013.4文庫化)を読みました。長崎帰りの若き蘭方医・井坂圭吾23歳を中心に、仁助長屋の人々、大きな薬屋、吉原花魁などの人間模様を描ききった力編、中島要さんの長編デビュー作なんですね。読み応えがあるといいますか、心が大きく揺さぶられました。刀圭と...続きを読む
  • 御徒の女
    ~嵐も吹けば雨も降る 女の道よなぜ険し~♪(大津美子 ここに幸あり)女の道も男の道も険しいものと思います!御徒(おかち)という貧しい武士の家に生まれた栄津17歳の波瀾に満ちた生涯、江戸末期、徳川の世崩壊までを描いた秀作と思います。JR御徒町駅、御徒の屋敷が多かった地域なのでしょう。中島要 著「御徒の...続きを読む
  • ひやかし
     吉原に売られた女たちの話と、言っても まだ16・17才の女の子たち 恋をしたり だまされたりだましたりだけじゃない! 
     親の都合で吉原にいるのに…
    親の借金を背負って吉原にいるのに お金を借りにきたりする(怒)
    「素見」は泣けました。
    『自分だけ宿命から逃れるわけにもいかぬ』って、
    え~~~ん(...続きを読む
  • ひやかし
    文章が好き…!!短編がいくつも入っていて、中でもタイトルになった「ひやかし」が良かった。最後の一文にやられた。あれこそが遊女なんだろうなあ
  • 刀圭
    いいねぇ。こういうの好き。
    江戸の奮戦するお医者さんを描いた逸品。
    みをつくしお医者さん版、ってかんじか。

    泣かせもタメもいいし、話のテンポもいい。
    シリーズ化して欲しいなぁ。