「有坂あこ」おすすめ作品一覧

「有坂あこ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:有坂あこ(アリサカアコ)
  • 性別:女性
  • 職業:イラストレーター

『神武不殺の剣戟士』や『吉原ラメント』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/05/20更新

ユーザーレビュー

  • ひきこもり姫を歌わせたいっ!
    バンドをやっている男子高校生が天才的な歌声を持つ、でもひきこもりの少女に出会って、コンテストに出ようとする話。
    うん、題名そのまんまですね(笑)

    設定も展開もどこかで見たことのあるようないわゆる定番で、読んでいて予想通りで驚かされるようなことは少しもなかった。
    では面白くなかったか? というと、そ...続きを読む
  • リア充になれない俺は革命家の同志になりました2
    俺ガイルをはっきり連想させる内容だけどだからこそ設定等が変わりながら似た内容を読みたい人は楽しく読めるし、思ったより最後は爽やかで読書後は良い気分になりました。これで終わりは残念、続きが読みたいかな。
  • ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団
    師走トオル先生最新作。
    師走先生の「火の国、風の国物語」は自分の中で戦記ファンタジーモノとして最高峰に位置しているのも有って同先生による再びの戦記ファンタジー開幕は楽しみで仕方なかった。

    本作の舞台設定は198年前に魔王が居たが英雄たちによって倒されある程度平和が保たれている世界。そして主人公のカ...続きを読む
  • リア充になれない俺は革命家の同志になりました1
    久々にラノベを読んだ

    大まかに、登場人物の関係性だけを見ると、
    完全に「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」に一致する

    細かな内容としては面白く読めた
    たまに分からない世界史の用語が出てくるけど雰囲気で笑えた
    ラブコメロマンスになりかけな部分をあちこちに置いてあるのは、全く王道で、良い

    ...続きを読む
  • 氷風のクルッカ 雪の妖精と白い死神
    表紙&タイトル買いのアルファポリス文庫。
    作家さんは『ゲート』の作者、柳内たくみ氏。

    つまりはミリタリー物。
    1939年のフィンランド、ソビエト間で行われた冬戦争をべースに、
    実在した《白い死神》シモ・ヘイヘと、主人公クルッカの物語。

    射撃に才「のあるクルッカは、
    男装してクルック・サムライネン...続きを読む