リア充になれない俺は革命家の同志になりました1

リア充になれない俺は革命家の同志になりました1

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

スクールカースト最下層に位置する白根与一は廃部をハンストで抵抗する部員の監視役として図書部に入るよう命じられる。部室では、純真可憐な美少女・黒羽瑞穂が待っていた。その姿に反し、彼女の口からは過激思想発言が止まらない。その中の一つ、スクールカースト粉砕計画に白根は心を動かされ、気がつけば彼女の理解者に? カースト一軍のリア充で黒羽の幼馴染み中禅寺さくらを交え、おかしな図書部の活動が始まる!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 講談社ラノベ文庫
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ラノベ文庫
電子版発売日
2016年03月18日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

リア充になれない俺は革命家の同志になりました1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    気に入った♪

    nanjyo 2020年09月04日

    予想外に面白かった!
    最初は「なんじゃこりゃ?」的感覚で読んでたけど、
    読めば読む程に味の出る旨い珍味並みに面白く興味のそそる作品だった。
    意外や意外。
    さて2巻。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月30日

    いや、なんと言うか、いろいろツッコミどころ満点なんだけど、思ってたよりも面白かった。

    スクールカーストに革命を起こそうとするマルクス主義のヒロインと下層民(笑)の主人公の話。
    ゲバラやマルクス主義やら言葉のチョイスは確かに活動家のヤバイ感じなんだけど、やってることは特に普通だよなあ(笑)。
    ヒロイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月06日

    久々にラノベを読んだ

    大まかに、登場人物の関係性だけを見ると、
    完全に「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」に一致する

    細かな内容としては面白く読めた
    たまに分からない世界史の用語が出てくるけど雰囲気で笑えた
    ラブコメロマンスになりかけな部分をあちこちに置いてあるのは、全く王道で、良い

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月16日

    降臨した女神は革命家!?という話。物語構造的には俺ガイルと似た作風ですが,主人公もヒロインに負けず劣らず●翼用語よく知ってるなあ,とくすり。それにしても21世紀のラノベでオルグだの,シンパだのが出てくるとは(笑)。いまどきの高校生が読んでわかるのかしら?とまれ,俺ガイルがタイトル通り間違った方向に青...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

リア充になれない俺は革命家の同志になりました のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • リア充になれない俺は革命家の同志になりました1
    スクールカースト最下層に位置する白根与一は廃部をハンストで抵抗する部員の監視役として図書部に入るよう命じられる。部室では、純真可憐な美少女・黒羽瑞穂が待っていた。その姿に反し、彼女の口からは過激思想発言が止まらない。その中の一つ、スクールカースト粉砕計画に白根は心を動かされ、気がつけば彼女の理解者に? カースト一軍のリア充で黒羽の幼馴染み中禅寺さくらを交え、おかしな図書部の活動が始まる!?
  • リア充になれない俺は革命家の同志になりました2
    生徒会に宣言書を突きつけ息巻く過激な美少女・黒羽瑞穂と、彼女の制御役もとい監視役の白根与一は、スクールカーストでは最下層に位置していた。二人に声を掛けるのは、カーストのクインビーである中善寺さくらだけだと思っていたのだが……男子バスケ部の高崎が白根に入部を勧めてきた。彼は王様(ジョック)の地位にある者と知り白根は警戒する。更にさくらの取り巻き女子である渋川が黒羽の怒りをかうという事件が勃発して!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています