「八重野統摩」おすすめ作品一覧

「八重野統摩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/05/25更新

ユーザーレビュー

  • ペンギンは空を見上げる
    何かできないことがある人は、あらん限りの力で他の人にはできないことを成し遂げる。
    人は自分の思いが強ければ強いほど、人の心を見失いがちになる。挫折は、自分を振り返り冷静に見つめ直すための貴重な時間を与えてくれるだろう。
  • 還りの会で言ってやる
    爽やかな読後感でした。
    いじめのシーンは生々しいものがあるにも関わらずライトに読ませる筆力には著者の丁寧さを感じさせられました。

    キャラクターも皆ちゃんと立っていてテンポ良くストーリーに乗っかってくれてます。

    こんなのいじめじゃない、と仰られる方もいらっしゃるでしょうがエンタメと割りきれば感情移...続きを読む
  • ペンギンは空を見上げる
    何か問題を抱えて孤立している小学生と、ハーフの転校生との物語。NASAのエンジニアを目指して英語をはじめ勉強を厭わないハル。周囲との距離を感じる理由が終盤で明らかになるとタイトルの意味もわかる。素敵な話だった。
  • 犯罪者書館アレクサンドリア ~殺人鬼はパピルスの森にいる~
    親の借金のために海に沈められそうになっていた六彦(主人公)。
    すんでのところで殺人者ばかりが集う書店を経営する女性・夏目に買われて働くことになります。
    そのころからシャーロック・ホームズを名乗る者の連続殺人事件が発生しその真相に六彦が近づいて行く話。

    面白かったし結構一気に読めました。
    でも犯人の...続きを読む
  • 終わりの志穂さんは優しすぎるから
    「若い絵描きとそれを見つめる一人の女性の話」(あとがきより)。
    さらりと読めてちょっと心に残る、ライトめなミステリーでした。
    かなりわかりやすい真相ですが、伏線はていねいに張られているし、雰囲気がよく全体的に端正な作りなので、読後感は拍子抜けというより、すとんと腹落ちする感じ。
    とりわけ、第三章「森...続きを読む