「野口恵子」おすすめ作品一覧

「野口恵子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/09/16更新

ユーザーレビュー

  • 失礼な敬語~誤用例から学ぶ、正しい使い方~
    「させていただきました」に違和感のあった私にはわが意を得たりの一冊。ところどころに筆者の怒りが垣間見え、面白かったです。
  • 失礼な敬語~誤用例から学ぶ、正しい使い方~
    一番印象に残ったのは、なんでもかんでも「よろしくお願いします」「いただきます」をつけず別の表現を考える、ということ。
    状況も言葉と立場の違いを何も考えず「なんとなく」丁寧にしようと思っているからおかしな敬語になってしまうのだと思う。敬語をほとんど体系的に習ったことがなかったので今までの会話ではおかし...続きを読む
  • バカ丁寧化する日本語~敬語コミュニケーションの行方~
    ああ、私も気になっていた。なんでもかんでも「させていただく」人たち。いったい誰に敬語使ってんだ!?って突っ込みいれたくなる丁寧すぎて慇懃無礼になっちゃう人たち。「敬語」とは読んで字のごとく、他人を敬う感情があってこそ成り立つ言葉だ、とわからせてくれる本書。そしてそこにこそ日本の言葉があり、文化があっ...続きを読む
  • 失礼な敬語~誤用例から学ぶ、正しい使い方~
    著者は日本語・フランス語の教師
    シンプルで正しい日本語とは何か。日本語教員として、初級から中級レベルの外国人学習者に教えるべき日本語がそれだという。
    学習者はできるだけ正確に聞き取り、正確に読み取り、正確に話し、正確に書けるようになりたいのだと、あとがきで触れている。
    日本語教員はそれに応えるべく知...続きを読む
  • 失礼な敬語~誤用例から学ぶ、正しい使い方~
    敬語について改めて考えさせられる本。
    第1章の「いくら何でも、いただきすぎ」というタイトルのネーミングはいい。書かれている内容に共感。
    また「れ足す」「さ入れ」「を入れ」など、文法的な問題についても正しく学べる。
    「〜レバと思います。」は私自身よく使っていたので、自分の言葉を見直すよい機会にもなった...続きを読む