「吉田尚記」おすすめ作品一覧

「吉田尚記」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/09/15更新

ユーザーレビュー

  • なぜ、この人と話をすると楽になるのか
    パワーフレーズ
    「言葉は自分のものではなく、相手のためにあるものです」
    素晴らしい一冊。この人と話してみたい、きっと楽しいだろう、やすらぐだろう、そんな雰囲気が紙面上から伝わってきます。温かい。でも、大事なテクニックが書いてある、それも核心をつくような、それでいて革新的な。これまでのコミュニケーショ...続きを読む
  • なぜ、この人と話をすると楽になるのか
    コミュニケーションの目的をコミュニケーションとし、精神論ではなく技術として明らかにする本。
    文中に書いてある「空気を読め」「自信を持て」という言葉には具体性がなくてどうしたらいいのかという疑問には答えられていないということ、まさに!
    その、何とかしたくても何をしていいのかわからず途方に暮れてしまう部...続きを読む
  • なぜ、この人と話をすると楽になるのか
    コミュニケーションとは何か?コミュ障を自称するアナウンサーが答える。

    「コミュニケーションは協力ゲーム、敵は気まずさ」!
    なるほど、そう考えたらだいぶ楽になる。
    ルールを守って、一緒に戦って、気まずさを退治したらいいんだ。
    悩む人たちに、一度読んでほしい。
  • なぜ、この人と話をすると楽になるのか
    思いのほか、すごくよくって驚いた。
    なんか、違和感なく受け入れられる。
    体験から苦労して、辿り着いたものを、こうして本という形にしてくれたことに、感謝。
  • コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力
    吉田さんといえば私の中ではハイテンション系オタクというイメージがあったので驚きました。
    でもコミュ障エピソードを読むたび、「わかるわかる〜!」と共感しました。
    沈黙が怖いくせに言葉が続かないし変に気を使うせいで嫌な雰囲気になったり(笑)

    でも先入観を口にしていいしささいなことでも質問していいんだ、...続きを読む

特集