「北田絵里子」おすすめ作品一覧

「北田絵里子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/09更新

ユーザーレビュー

  • 宿命の地(下) 1919年三部作 3
     3部作の最後。

     舞台は日本へ。

     で、主人公がなかなか出てこない。本がこれだけの暑さがあるので、このままってことはないよね、って思って読んでるし、実際そうなのだけど、そこまで引っ張っていくのが上手い。
     そして、登場してきて…。
     いきなり、話が展開し始めるあたりも上手い。
     やっ...続きを読む
  • 宿命の地(上) 1919年三部作 3
     3部作の最後。

     舞台は日本へ。

     で、主人公がなかなか出てこない。本がこれだけの暑さがあるので、このままってことはないよね、って思って読んでるし、実際そうなのだけど、そこまで引っ張っていくのが上手い。
     そして、登場してきて…。
     いきなり、話が展開し始めるあたりも上手い。
     やっ...続きを読む
  • 灰色の密命(上) 1919年三部作 2
     めぐりめぐって、二重スパイになったマックス。
     
     チャプターのナンバリングがなくて、段落があってページが変わるってだけなのが、ものすごい緊張感を生んでいる。こんなことぐらいで、って思うけど、こんなことぐらいじゃないんだろうな。
     やっぱり、ゴダード、構成力が半端ないです。

     前作では、...続きを読む
  • 灰色の密命(下) 1919年三部作 2
     めぐりめぐって、二重スパイになったマックス。
     
     チャプターのナンバリングがなくて、段落があってページが変わるってだけなのが、ものすごい緊張感を生んでいる。こんなことぐらいで、って思うけど、こんなことぐらいじゃないんだろうな。
     やっぱり、ゴダード、構成力が半端ないです。

     前作では、...続きを読む
  • 謀略の都(下) 1919年三部作 1
     第一次世界大戦後、講和条約締結の協議を行っているなか、イギリスの外交官が死亡した。
     事故死といわれたが、彼の息子は真相究明にのりだす。
     
     貴族の次男坊で、もと陸軍パイロットという経歴が生きてます。でもって、ジェイムズ・マクステッドで、マックスと呼ばれてるっていうのも、上手い。
     あと...続きを読む