「櫻井よしこ」おすすめ作品一覧

「櫻井よしこ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:櫻井よしこ(サクライヨシコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1945年10月26日
  • 出身地:日本
  • 職業:ジャーナリスト

ハワイ大学歴史学部卒。ジャーナリスト。『迷わない。』、『日本人の美徳 誇りある日本人になろう』、『異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない』、『日中韓 歴史大論争』、『何があっても大丈夫』など多数の著作がある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年12月号

作品一覧

2018/11/10更新

ユーザーレビュー

  • 一刀両断
    久しぶりに櫻井よしこ女史による評論本を手に致しました。
    保守論壇大家の大勢が鬼籍に入られエアポケットに置かれて
    いるようにすら感じる今日この頃。
    女史は実に面倒な役割を演じざるを得ない状況ですが、
    落ち着いて産経新聞の延長線上にその姿勢を確認しつつ、
    内心ホッとしております。
    O氏捏造事件においては...続きを読む
  • 日本の敵(新潮文庫)
    2014年に発売された本が文庫本化されてから読んだ。したがって桜井氏の各記事を3年あまり後に読むかたちになったがゆえに、かえって氏の洞察力に驚かされている。米国、中国、韓国のその後の動きは、氏の警鐘のとおりに進んでいる。米国大統領がオバマ氏からトランプ氏に変わり、韓国大統領が朴槿恵氏から文在寅氏に変...続きを読む
  • 迷わない。
    きょうの出来事の人というより最近は保守系の論客という印象が強いかもしれない櫻井さん。どうだろう。主張の違う人にとっては手強い人という印象があるのではないだろうか。政治的な話題でみかけることが多い人だけどひとりの人として将来に明るく肯定的なメッセージを書いたという感じ。きちんとした人なんだなというのが...続きを読む
  • 頼るな、備えよ―――論戦2017
    描いている内容に、とても納得。
    今の日本の置かれている現状を正確に取れていると本だと思う。合わせて、如何にメディアの報道が歪曲された情報なのか。と思い、改めて、メディアの役割の重要性に気付かされた。
  • 中国に立ち向かう覚悟 日本の未来を拓く地政学
    自分にとっては「地政学入門」的な存在でした。
    勿論東アジアに限定されたお話ですが
    現実のお話ですからリアルさは別物です。新聞記事を追いかけて記事に対する深みや読みの可能性を
    示唆してくれるようにもなりました。戦争というか支那には辟易しておりますが。

    平成30年3月21日:追記
     読み終えてもう5年...続きを読む