「櫻井よしこ」おすすめ作品一覧

「櫻井よしこ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:櫻井よしこ(サクライヨシコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1945年10月26日
  • 出身地:日本
  • 職業:ジャーナリスト

ハワイ大学歴史学部卒。ジャーナリスト。『迷わない。』、『日本人の美徳 誇りある日本人になろう』、『異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない』、『日中韓 歴史大論争』、『何があっても大丈夫』など多数の著作がある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2017年11月号

作品一覧

2017/10/10更新

日本の覚悟
  • ブラウザ試し読み

日本の危機
  • ブラウザ試し読み

日本の決断
  • ブラウザ試し読み

日本の試練
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 赤い韓国 危機を招く半島の真実
    韓国って北朝鮮とすごく対立してると思ってたけど
    そうではなくて同一民族だから親北朝鮮感情もあり、政治家なんか逆にペコペコしてるような印象でビックリしました。
    日本の外交は韓国、朝鮮民族の理解が不十分で失策が続きますが外務省は進歩するのでしょうか?
    外交的には韓国、北朝鮮民族と友好な関係を築くことは1...続きを読む
  • 月刊Hanadaセレクション――櫻井よしこさんと日本を考える
    ●花田編集長が直撃! 櫻井よしこの「知的生活の方法」
    ●白熱の公園全録音 国家の岐路
    ●私の櫻井よしこ論 金美齢/百田尚樹/門田隆将/安藤信允/田久保忠衛/熊谷亮丸/中山紘治郎/大谷和子

    ●櫻井よしこ4大対談
    ①山中伸弥「人生、遠回りして今がある」
    ②李登輝 台湾が感動した安倍総理の一言
    ③百田尚...続きを読む
  • 凛たる国家へ 日本よ、決意せよ 論戦2016
    櫻井さんの主張は、なるほどと共感できる部分がたくさんあった。アメリカが、世界の警察でないと言い始めてから世界情勢は混沌としている。日本は、自分達で自分を守る必要がある。国益守るためにも中韓の情報戦にも負けてはならない。
  • ニッポンの懸案 韓・中との衝突にどう対処するか(小学館新書)
    正直最後まで読むか迷いました。
    最初の対談があまりにあの国らしくてσ^_^;
    日本がまず責任を果たせみたいな(笑)

    しかし最後の3つは良かったです。
    中国がいかに民主主義の通用しない国かということがわかります。
    党の軍隊という私兵を持つ国がいかに戦争にブレーキが効かないか。
    情報統制が容易にできる...続きを読む
  • 戦後七〇年 国家の岐路
    櫻井よしこさんの著作を初めて読んでみました。明晰な主張と凛とした香りがあり、人気の理由がよく分かる気がしました。中国の脅威がここまで高まっているとは思ってもいませんでしたが、冷静に事態を受け止めなければいけないと思いました。生命技術で、100歳、150歳まで生きる時代が来るかも、とか、2030年には...続きを読む