「井上理」おすすめ作品一覧

「井上理」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/06/07更新

ユーザーレビュー

  • 任天堂“驚き”を生む方程式
    据え置き型はファミコン、スーパーファミコンにWii(数回使っただけでタンスで眠っている)、携帯ゲーム機ならゲーム&ウォッチに始まって3DSまでのほぼ全種でお世話になってます。本書が出版されたのは8年前の2009年。スマホゲームの脅威については最終章でチラッと触れられる程度だから、すでに“古典”の域に...続きを読む
  • 任天堂“驚き”を生む方程式
    WiiやDSで絶好調の時に出た一冊。花札やカルタの事業から現在(当時)に至るまでの歴史や、横井軍平さんや宮本茂さんの話など興味深い話題も。
    今のWiiUや3DSは出てなかったけど、独特なそれらのハードを予感させられる所もありました。ゲーム好きな人、任天堂ファンは是非読んでもらいたい1冊。文章も固くな...続きを読む
  • 任天堂“驚き”を生む方程式
    世界の宮本茂氏や、伝説の横井
    軍平氏の話は割と聞くけれど、
    岩田氏、そして山内氏の話も載
    っていたので、興味深かった。
    ゲームウォッチからファミコン
    ゲームボーイへと慣れ親しんだ
    世代なら楽しめる本やね。
     
    「(運を)天に任す」と書くけ
    れど、任天堂は勝つべくして勝
    ったんだと思った。日本にこの
    ...続きを読む
  • 任天堂“驚き”を生む方程式
    任天堂のブルーオーシャンは
    「”お母さん”が邪魔と思わない。」市場。

    ”肩越しの視線”と、
    任天堂だからこそ可能だった”市場観測”
    によって生まれた"Wii"誕生秘話には、
    久々に鳥肌がたちました。

    サービス企画や開発者など
    モノ、サービスを創造する人には参考になると思います。
  • 任天堂“驚き”を生む方程式
    非常に面白い。

    ゲーム臭さを脱した所に新しい道が開けていたように、自分の分野が持つ匂いを脱した所に新しい道が開けているのかもしれないと思った。

    「私の名刺には社長と書いてありますが、頭の中はゲーム開発者です。でも、心はゲーマーです」