吉原英樹の一覧

「吉原英樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/10/31更新

システムの科学 第3版
  • ブラウザ試し読み

「バカな」と「なるほど」
  • ブラウザ試し読み

「非」常識の経営
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 「バカな」と「なるほど」 経営成功の決め手!
    グレシャムの法則ーー「悪貨は良貨を駆逐する」 
    日常業務は、いつまでにしなければならないという納期がはっきりしている。その時間に間に合わないとペナルティを覚悟しなければならない さらにやるべき仕事の内容は決まっており、あれこれ迷うこと無く直ちに着手できる

    これに対して企業を大きく変えるような計画を...続きを読む
  • システムの科学 第3版
    自然における全てのシステムの解釈、人工物における仕組みの話。どちらも凄く深い内容で勉強になる。形而上学に辿り着いていたら、膨大な関数リストになるのだろうか?

    たった一節読むのに数時間かかることもザラなので、長い時間をかけて読むべき本なのか。
  • 「バカな」と「なるほど」 経営成功の決め手!
    戦略とは何か?
    という 源流ともいえる 書。
    昭和63年(1988年)に書かれたにもかかわらず、
    そこにある 問題意識は 極めて新鮮。
    会社をマネージする原理は、あまり変化がないのだ。
    情報化、国際化、ハイテク化のなかで、企業はどう対応するのか?

    企画とは 『バカな』(違い;差別化)を明らかにする...続きを読む
  • システムの科学 第3版
    自然科学における物理法則や数学定理のように、
    およそ一般的に正しいと言える規約が、
    人工的なモノに対しても存在するのだろうか?

    というのが本書の根源的な問いかけである。

    これまでは、組織や建築デザインなどは、経験則だけが頼りで、
    科学的に分析できない、というのが当たり前であったが、
    今日のコンピ...続きを読む
  • 「バカな」と「なるほど」 経営成功の決め手!
    「バカな」と言われるくらい他社と異なる戦略。
    「なるほど」と納得のできる合理性。
    略して「バカなる」。
    単なる思いつきでもなく、緻密に考え込まれた論理的なものが成功する戦略には必ずあるということだろう。
    事例は古いが指摘されていることは今でも確かにそうだなと思うものが多い。また、他の経営戦略の本にあ...続きを読む