システムの科学 第3版

システムの科学 第3版

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「人工物の科学はいかに可能であるか」

本書『システムの科学 第3版』はハーバート・A・サイモン(Herbert Alexander Simon)著“The Sciences of the Artificial, Third Edition”(MIT Press 1996)の日本語版であり、付録として、サイモン教授のノーベル賞受賞記念講演「企業組織における合理的意思決定(Rational Decision Making in Business Organizations)」も収録しています。

本書は、人間の作り出した有体物のみならず組織や社会といった人間が作り出したものすべてを含む人工物の科学、人工システムの科学について述べられ、経済学・認知心理学・工学的デザイン論など広範な領域に関する議論を通して人工物の科学、ひいては「文明構築の論理」はいかなるものかを明らかにしていきます。サイモン教授が個々の領域であげられた数々の研究成果がふんだんに盛り込まれた1冊となっており、今なお多くの支持を得ている名著です。
なお、第3版では、2版発行以降にみられた重要な進歩に考慮を加え大幅改訂し、「複雑性」に関する新章を書き下ろし増補したものとなっています。

目次
日本語版(第3版)への序文
日本語版(第2版)への序文
第3版序文
第2版序文
1 自然的世界と人工的世界の理解
2 経済的合理性:適応機構
3 思考の心理学:自然と人工との結合
4 記憶と学習:思考に対する環境としての記憶
5 デザインの科学:人工物の創造
6 社会計画:進化する人工物のデザイン
7 複雑性に関する諸見解
8 複雑性の構造 ―階層的システム―
付:企業組織における合理的意思決定 (ノーベル賞受賞記念講演より)
参考文献
訳者あとがき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
パーソナルメディア
ページ数
352ページ
電子版発売日
2011年12月16日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

システムの科学 第3版 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年10月27日

    自然における全てのシステムの解釈、人工物における仕組みの話。どちらも凄く深い内容で勉強になる。形而上学に辿り着いていたら、膨大な関数リストになるのだろうか?

    たった一節読むのに数時間かかることもザラなので、長い時間をかけて読むべき本なのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月21日

    自然科学における物理法則や数学定理のように、
    およそ一般的に正しいと言える規約が、
    人工的なモノに対しても存在するのだろうか?

    というのが本書の根源的な問いかけである。

    これまでは、組織や建築デザインなどは、経験則だけが頼りで、
    科学的に分析できない、というのが当たり前であったが、
    今日のコンピ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月28日

    この本の価値は第6章「社会計画:進化する人工物のデザイン」にある。35ページに過ぎないが、神がかっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月24日

    階層構造だからこそ理解できるのか、
    階層構造である部分しか理解できないのか。
    人間の認識の限界はどこにあるのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月18日

    古典的名著とのことらしい。心理学、経済学、デザイン、複雑性などの視点から、人工物の化学について検討されている。いまだと違う点もあるが、含蓄深い本だった。

    印象に残ったこと:
    ホメオスタシスとフィードバック、探索と満足快、内部環境と外部環境、内部は単純であとは長期記憶と外部記憶により複雑性が生まれる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月11日

    複雑なシステムについての重要な理論をうちたてるひとつの道は、階層化の理論によるものである。我々がこの自然界で観察する複雑なシステムの大部分は、階層的な構造を呈している。理論的に言えば、複雑性が単純性から発展していく世界においては、複雑なシステムは階層的であると考えることができる。階層は、その行動を非...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月19日

    自然と人工、システムがサブシステムを抱える話、集権分権、全体・還元、読みたいものが盛りだくさんに詰め込まれていた点では凄く面白かった。
    ただ、結論としてこの本を通して何を伝えたかったのかが、自分には伝わってこなかったように思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    だいぶ前に読んだので、ほとんど忘れてる。
    ところどころ面白いところがあったが、全体としては非常に難しかったような印象がある。
    第一世代システム理論の原点ということで、なんとか忍読した。

    制約理論・認識の階層構造について書かれているところがあったような、、、
    そこは、まあ、有名だし、読む前から知って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています