「西崎憲」おすすめ作品一覧

「西崎憲」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/24更新

ユーザーレビュー

  • 蕃東国年代記
    はじめはちょっととっつきにくいかなと思ったのだけど、そんなことはなく、最後はぐいぐいひきこまれて読んだ。最終話は竹取物語のようでもあるし、玉集めというよくあるモチーフの話でもあるんだけど、宇内くんのキャラがよくてですね。ううう。

    あ、今気づいたけど、最初の「雨竜見物」は、後年の30歳になった宇内さ...続きを読む
  • ヴァージニア・ウルフ短篇集
    彼女は私と、まるきり世界の見え方が違う。

    考え方。

    物事のとらえ方。

    発想やイメージ。

    どれをとっても、他とはまったく異なっているように思える。

    おそるべき才能とは、きっと、彼女のことをいうのだろう。

    彼女の狂気たるゆえんはいったいなんなのなのだろう?
  • 蕃東国年代記
    思わず、百科事典や地図帳を探したくなる(笑)
    この感じは、高校時代、ファンタジーノベル大賞受賞作とは知らず酒見賢一『後宮小説』を読んで、本気で世界史の教科書で素乾国を探してしまったあの時の感じに似てるぞ、と思ったらやはり西崎憲もファンタジーノベル大賞を受賞していた方でした。
    2002年に受賞作『世界...続きを読む
  • 蕃東国年代記
    この世界観、すっごくツボ!
    表紙に一目ぼれ、文章の雰囲気に一目ぼれで買ったんですが、よかった!
    なんかこう、説話集を読んでるみたいな、不思議な感覚です。
    飾り気なく、淡々と、地味に文章が綴られている感じがすごく気持ちよかったです。
    何より妖怪とか不思議現象を、綺麗に馴染ませているところがいいなぁ。
    ...続きを読む
  • エドガー・アラン・ポー短篇集
    ちくま文庫のための訳し下ろし、編訳。黄金虫ヴァルドマール氏の死の真相赤き死の仮面告げ口心臓メールシュトレームの大渦アッシャー家の崩壊ウィリアム・ウィルソン以上の7篇。附された「エドガー・アラン・ポー小伝」「熱と虚無――エドガー・アラン・ポーとは何か」が、ありがたい。私は特に、『赤き死の仮面』(赤死病...続きを読む

特集