「植村直己」おすすめ作品一覧

「植村直己」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/11更新

ユーザーレビュー

  • 極北に駆ける
    すごい、の一言しかない。極北での生活の在り方や、植村直己の冒険に向けたまっすぐな意志、そして極北の驚異にはっとさせられることばかりだった。
  • 冒険(小学館文庫)
    植村直己冒険館へ一度行ってみたい。直己が残した数々の冒険の軌跡を見たいから。
    でも館のある彼の故郷、兵庫県城崎郡日高町(合併により現在は豊岡市)へは、なかなか行く機会がない。ならば、“満腹感”には遠くても、この本を読むことにした。

    常人の限界を超えた彼の足跡は、冒険館で得られるだろう。だから私はこ...続きを読む
  • 青春を山に賭けて
    ”自分の限界を求め、何かを見いだしたい。人のやったあとをやるのは意味はない。それも人のためにでなく、自分のためにやるのだ”

    5大陸最高峰登頂という、ものすごいことを、謙虚に表現している本。
    植村直己さんは謙虚な人だったのだろう。本からもそれが感じられる。でも、本も終盤に入るとさすがに著者の凄まじい...続きを読む
  • エベレストを越えて
    自分には厳しく人には寛大。
    ひとつの旅が終わると、さらに次の行動にわが身を追い込んでいく。
    『山で死んではならない」を鉄則しにていた植村さんが
    マッキンリーで帰らぬ人になったことは、とても残念だ。

    エベレスト登頂への憧れ、情熱。
    南極への夢と挑戦。
  • 青春を山に賭けて
    世界初の五大陸最高峰登頂をした植村直己の青春回想記。冒険家のバイブル的一冊。
    何度読んでも、その逞しい行動力と冒険心、熱い情熱に胸をうたれる。特に南米アコンカグアに向かう船上での日記は最高です。

特集