エベレストを越えて

エベレストを越えて

作者名 :
通常価格 590円 (537円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「私にとって、良い山とはひとつの極限を意味している」──若き日、北米、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、南米と冒険の旅を続けた植村直己は、1970年、日本人として初めて世界最高峰に立ったことで「世界のウエムラ」となった。その後、彼は垂直から水平へ、エベレストから南北両極圏へと関心を移したが、極限という意味で、エベレストこそ植村にとって至上の“良い山”であった。五回にわたるエベレスト行の総決算としてつづった本書は、登山家・植村の<山への遺書>となった。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2011年11月04日
紙の本の発売
1984年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

エベレストを越えて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年02月02日

    自分には厳しく人には寛大。
    ひとつの旅が終わると、さらに次の行動にわが身を追い込んでいく。
    『山で死んではならない」を鉄則しにていた植村さんが
    マッキンリーで帰らぬ人になったことは、とても残念だ。

    エベレスト登頂への憧れ、情熱。
    南極への夢と挑戦。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月25日

    日本人初のエベレスト登頂。

    登頂までのドキュメント
    登頂をめぐる人間同士のドラマ

    厳しい環境の中でも植村氏の優しさを随所に垣間見ることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月10日

    1982年発行の単行本を再読。カバーは植村の登頂写真ではなくエベレストだ。発行者は当時文藝春秋にいた半藤一利。

    あとがきで「原稿を書くということは山登りより苦しい」と記す植村だが、改めて文章もうまいと感じる。平易な言葉を重ね、テンポもあって読みやすい。そして何より、様々な場面で植村らしい優しさや謙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月22日

    冒険家植村直己氏の自伝。
    エベレスト登山についての内容をまとめたもの。

    登山家がなぜ山に登るのかが、なんとなくだけどわかった気がする。
    命がけで、辛くてたまらないのに山の魅力に取り憑かれてしまった男たちの話。

    昨日まで元気だったのに突然死んでしまったり、落ちてきた氷の塊に潰されて死んだり、凍傷で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月28日

    僻地へ旅に出る人の本が無性に読みたくなり著者の本を手に取る。登山用語もエベレストがなんたるかもよくわからないまま検索片手に読み進める。
    とても驚いたのが、報道等では、登攀した人個のすごさを全面的に表に出しており、自分自身もそのように思っていた。しかし、単独登頂でなく極地法と呼ばれる手法においては本当...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月08日

    日本人としてはじめてエベレストに登ったときや
    その後の山登りを
    自分のことばで記録しています。

    いまや、ツアー登山になってしまったチョモランマですが、
    この当時は周到な準備をして登る山でした。

    とても読みやすく
    魅力的な文章でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月15日

    植村直己の3作を読めてよかった。スケールはまったく違うけれど、山登りをしていた者として感動しました。
    お勧めの本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    植村さんの本の中でも好きな1冊。エベレストを真ん中にして、彼の人間臭くて、朴訥で、温かな人柄が伝わってきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月28日

    植村さんの冒険はとても過酷で悲しい。でも植村さんは冒険を続ける。そんな姿がとてもかっこよく、冒険に魅せられてしまいます。
    ただ、山の名前などよくわからないところが自分にとって読むのに少しストレスだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月11日

    植村さんの自著を読むのは初めてだが、なかなか良くまとまっている。最後の登頂で同僚を亡くすシーンの描写が秀逸。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング