「畠山理仁」おすすめ作品一覧

「畠山理仁」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/01/19更新

ユーザーレビュー

  • 黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い
    「泡沫候補」と呼ばれる候補者がいる。
    有力な支持者もいなければ、政党の後ろ盾もない。知名度もなければ、資金も十分にはない。ないない尽くしで、しかし、彼らはドン・キホーテよろしく、選挙に立候補するのである。そしてたいていの場合は、当然のごとく、あえなく散る。
    たった1つの枠に21人もの候補者が立った2...続きを読む
  • 黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い
    【孤立無援の独壇場】泡沫候補と称され,そもそも選挙に出馬していることすら認知されていないような候補者に焦点を当てたノンフィクション。「勝てない選挙」に出馬する彼/彼女らを突き動かすものとは何か,そしてそういった候補者から見えてくる日本の選挙の問題点とは......。著者は,早稲田大学在学中から取材・...続きを読む
  • 黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い
    素晴らしいっ!もうこの一言に尽きる。

    選挙に立候補するいわゆる「泡沫候補」を「誰にも頼らない、無頼系
    独立候補」と呼び、そんな彼ら。彼女らを追い続けた記録だ。

    私は注目を集める選挙にマック赤坂氏とドクター中松氏の名前を見つける
    と、「あ、また出ている」と嬉しくなって来るんだよね。そして、...続きを読む
  • 記者会見ゲリラ戦記
    政局に絡めて矮小化されがちな記者クラブ問題を、
    慎重に淡々と、時にユーモアを交えつづった著者の処女作。
    記者クラブの何が問題なのか、入門書として最適では?
    でも帯の人選はユーモアの部分が出過ぎたようなw
  • 黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い
    選挙という仕組みを使って政治に関わるという、民主主義として自明のシステムに対して、なんだか納得がいかないことは色々とあると思います。本書ではそんな納得いかなさについて、著者の取材活動から訴えられたいことが書かれています。選挙に立候補した人たちの中で、有権者が知っているのは報道される本当に一部だけ。そ...続きを読む