「畠山理仁」おすすめ作品一覧

「畠山理仁」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/01/19更新

ユーザーレビュー

  • 黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い
    素晴らしいっ!もうこの一言に尽きる。

    選挙に立候補するいわゆる「泡沫候補」を「誰にも頼らない、無頼系
    独立候補」と呼び、そんな彼ら。彼女らを追い続けた記録だ。

    私は注目を集める選挙にマック赤坂氏とドクター中松氏の名前を見つける
    と、「あ、また出ている」と嬉しくなって来るんだよね。そして、...続きを読む
  • 記者会見ゲリラ戦記
    政局に絡めて矮小化されがちな記者クラブ問題を、
    慎重に淡々と、時にユーモアを交えつづった著者の処女作。
    記者クラブの何が問題なのか、入門書として最適では?
    でも帯の人選はユーモアの部分が出過ぎたようなw
  • 黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い
    著者が訴えていることはすごくよくわかる。実にまっとうな考え方だと思う。選挙とは、今現在の民主主義という仕組みの要であり、誰もが立候補して自らの政治的主張を述べる権利を持つはずだ。それなのに実際には、立候補のハードルは高く、そこを越えても、大きな組織の後押しや圧倒的な知名度がない人は、「泡沫候補」と呼...続きを読む
  • 記者会見ゲリラ戦記
    良かった!
    記者クラブについて、実際の体験を展開しており、現状がすごくリアルに伝わってくる。

    記者クラブの厚い壁を、粘り強く、辛抱強くこじ開けていく様は圧巻。
    読み応えがありました。

    また、本書を通じて亀井静香氏、小沢一郎氏、岡田克也氏に対する印象がだいぶ変わりました。
    これまで大手マスメディア...続きを読む
  • 記者会見ゲリラ戦記
    記者クラブの問題で、フリー記者が会見に参加できないことが多々ある現状への挑戦。本来記者側は協力して権力側へ疑問、質問を投げかけ、記事にして広めなければならないのに、記者クラブに所属する大手の新聞社、テレビ局などのメディアは、情報の独占がおびやかされることから、フリー記者を排除してきた。その結果、大手...続きを読む