黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い

黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

落選また落選! 供託金没収! それでもくじけずに再挑戦! 選挙の魔力に取り憑かれた泡沫候補(=無頼系独立候補)たちの「独自の戦い」を追い続けた20年間の記録。2017年 第15回 開高健ノンフィクション賞受賞作。【目次】第一章 今、日本で最も有名な「無頼系独立候補」、スマイル党総裁・マック赤坂への10年に及ぶ密着取材報告。/第二章 公職選挙法の問題、大手メディアの姿勢など、“平等”な選挙が行なわれない理由と、それに対して著者が実践したアイデアとは。/第三章 2016年東京都知事選挙における「主要3候補以外の18候補」の戦いをレポート。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社学芸単行本
ページ数
328ページ
電子版発売日
2018年01月19日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年06月29日

    普通に読み物としておもしろかった。
    世間から黙殺されている無名候補たちにフォーカスをあてた本。

    なぜ無名候補たちは政見放送等で変わったパフォーマンスに走りがちなのか。
    この本を読めば、そこに無名候補たちの覚悟と憤りがあるということがわかる。

    これから選挙をみる目が変わると思う。良い意味で。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月16日

    そもそも、なぜ都知事選挙にこんなに沢山の立候補者がいるのか、深く考えたこともなかった。
    マック赤坂の奇抜さも自分を知って欲しいための紆余曲折を経ての事だと知ると見る目が変わってくる。
    無頼系独立候補は目立ちたがりの変人だとは限らない。
    選挙にイマイチ興味が持てない人の意識が少し変わるかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月11日

    所謂泡沫候補(本書内では無頼系候補と呼称)は、何も思い立候補し、どのような主張と活動を行なったのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月14日

    この本を読み終わって、一番に出てきた言葉は「尊い」。
    ほとんど自分では使ったことのない言葉だ。

    「黙殺」されても侮蔑されても何度落選しても、孤軍奮闘で、自分の主張、政策を訴える候補者たち。
    アルバイト生活をしながら、生活に困りながらも、20年もの間、その「無頼系独立候補」を取材続ける畠山さん。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月14日

    これは歴史に残るノンフィクション本です。
    ちょっと古い話になりますが、2016年に小池百合子氏が勝って都知事になった
    東京都知事選には、何人の立候補が出馬したかを覚えていますでしょうか。

    なんと21人です。

    おそらく多くの人は、小池氏、増田寛也氏、
    そして鳥越俊太郎氏の三つ巴の戦いとしか
    記憶し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月26日

     有力候補だけがマスコミに取り上げられて、いわゆる泡沫候補の情報が全く報じられないのは何故なのか。
     そんな無頼系独立候補たちの取材をライフワークにする筆者は、彼らと有力候補との情報格差を問題とする。

     安くはない、300万円ほどの額の供託金を候補者は等しく払っているのに、マスコミに報じられる候補...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月06日

    「泡沫候補」と呼ばれる候補者がいる。
    有力な支持者もいなければ、政党の後ろ盾もない。知名度もなければ、資金も十分にはない。ないない尽くしで、しかし、彼らはドン・キホーテよろしく、選挙に立候補するのである。そしてたいていの場合は、当然のごとく、あえなく散る。
    たった1つの枠に21人もの候補者が立った2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月24日

    【孤立無援の独壇場】泡沫候補と称され,そもそも選挙に出馬していることすら認知されていないような候補者に焦点を当てたノンフィクション。「勝てない選挙」に出馬する彼/彼女らを突き動かすものとは何か,そしてそういった候補者から見えてくる日本の選挙の問題点とは......。著者は,早稲田大学在学中から取材・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月18日

    素晴らしいっ!もうこの一言に尽きる。

    選挙に立候補するいわゆる「泡沫候補」を「誰にも頼らない、無頼系
    独立候補」と呼び、そんな彼ら。彼女らを追い続けた記録だ。

    私は注目を集める選挙にマック赤坂氏とドクター中松氏の名前を見つける
    と、「あ、また出ている」と嬉しくなって来るんだよね。そして、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月12日

    泣けるー‼️
    時間と気持ちに余裕がある時用の本だなぁー。片手間に読めない。
    候補者の情報をツイッターとかで調べたくなるから、スマホを傍らに。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社学芸単行本 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング