岩城裕明の一覧

「岩城裕明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/09/10更新

ユーザーレビュー

  • 三丁目の地獄工場
    『牛家』と比べると、通っている筋がはっきりしているような気がする。

    けれど、一つ一つの細部に目を凝らすと混乱しそうになる。

    アルチンボルドの絵画のようだ。

    『キグルミ』を読んだ後、視点の書き分けのうまさと、演劇を小説の構造に落とし込んだ斬新な形に鳥肌が立った。
  • 牛家
    気持ち悪くていい!! すき。
    最初はホラー路線を辿るのに、後半になるにつれてSFになる。
    牛がそう絡んでくるのか……! と、にやにやしながら読んだ。

    「瓶人」は、よく考えると気持ち悪い話なのだが、語り手が子供であり、一人称視点で描かれており、狭い世界内(友達)を全世界として捉え、それと比較して自分...続きを読む
  • 牛家
    完全なる不条理系ホラー。タイトル作の『牛家』はひたすら不気味でエグい上に、どこにもオチが見当たらない。怪異について一つも解決どころか説明もなされぬまま。なのに何度も読み直したくなる中毒性がある。登場人物を含め、最初は何てことない光景が徐々に歪んでいく恐ろしさ。幻覚と現実の境界線が消えていく様は、突然...続きを読む
  • ゆびさき怪談 一四〇字の怖い話
    「てのひら怪談」よりもさらにミニマムな「ゆびさき怪談」。140文字以内という制約があるけれど、それでも、というかだからこそ描き出されるさまざまな恐怖が魅力的です。描かれない部分も多いけれど、その分想像力が恐怖を増幅させることも。
    怖いと思ったのは織守きょうや「首がない」「橋姫」、澤村伊智「地獄」「フ...続きを読む
  • 呪いに首はありますか
    とある「呪い」に取り憑かれ、長子が三十歳で死んでしまうという久那納家。呪いを解くために悪霊を幽霊に変え吸収するという目的を持ち、数々の心霊トラブルを解決してゆくホラーミステリ。怖いようでユーモラス、そしてほんのりと切なさを感じます。
    さまざまな「悪霊」が引き起こすトラブルとその解決法はしっかりミステ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!