「ケリー・マクゴニガル」おすすめ作品一覧

「ケリー・マクゴニガル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ケリー・マクゴニガル(ケリーマクゴニガル)
  • 性別:女性
  • 出身地:アメリカ
  • 職業:作家

健康心理学者。著書に『スタンフォードの自分を変える教室』などがある。

作品一覧

2016/10/07更新

ユーザーレビュー

  • スタンフォードの自分を変える教室
    「意志力」に関するベストセラー。
    日常でも役立ちそうなアレコレが説明されている。

    ======================
    できない理由を特定する
    「時間がない」
    ・教えてくれる人がいない
    ・断片的な知識でまとまりがない

    「もう一人の自分に名前を付ける」

    (ついメールをチェックしてしまう女...続きを読む
  • スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール
    スタンフォード大学の学生が成功する秘訣は失敗をいとわない姿勢。
    全ての経験から学習する。
    リスクを取る。
    居心地のいい領域から抜け出すこと。
    失敗に前向きであること。

    lesson1
    ルール1.成長型マインドセットを持つ。
    これは自分自身に挑戦することで、潜在的な能力を発揮できる。という考え方。
    ...続きを読む
  • スタンフォードの自分を変える教室
    1章
    意志力にはやる力、やらない力、望む力。がある。
    まず、できない理由を特定する。何故それを行うのが難しいのか。
    もう一人の自分に名前を付ける。例えば衝動的な自分にあだ名を付けることが効果的だと言う人がいる。
    せめぎ合う2つの自己はそれぞれどんな自分かを考える。
    選択した瞬間を振り返る。1日の決断...続きを読む
  • スタンフォードの自分を変える教室
    最近、自己啓発本を読んでいないなと思って手にした一冊。
    啓発本の類は、一冊の中にひとつかふたつ、自分の中に取り込めるものがあればOKと思っているのだが、その意味では、心理学、神経科学、医学に裏打ちされた本書は"当たり"。ワタシがスペイン語を聴いていた4月から9月は、実はうまくストレスをコントロールで...続きを読む
  • スタンフォードの自分を変える教室
    「瞑想」「ゆっくり呼吸をする」「お菓子の代わりにナッツを食べる」など、意志力を高めるための簡単な方法は、すぐにでも実践していきたい。
    「脳は本当に疲れる前に前もって疲労感を感じるよう指令を出すので、まだ余力があるのに意志力の限界を感じる」というのは大変興味深い。たまに、いくら残業しても全く疲れを感じ...続きを読む

特集