「瀬田貞二」おすすめ作品一覧

「瀬田貞二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:瀬田貞二(セタテイジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1916年04月26日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家、翻訳家

東京帝国大学国文学科卒。『あふりかのたいこ』、『ホビットの冒険』(翻訳)、『ナルニア国ものがたり』(翻訳)でサンケイ児童出版文化賞受賞。『オタバリの少年探偵たち』(セシル・デイ・ルイス)、『指輪物語』(J・R・R・トールキン)などの作品で翻訳を手がける。その他『きょうはなんのひ?』なども手がける。

作品一覧

2011/09/02更新

ユーザーレビュー

  • カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり2
    ”ライオンと魔女”から何世紀も経てナルニアはテルマール人たちに侵略され、物言うけものたちや木の精・水の精たちが追いやられ隠れ住んでいる。

    テルマール人がナルニアを治めだしてから王家の血筋をただ一人ひくカスピアン王子は、身内のミラースの策略により追われる身となる。
    カスピアンは、ほんの伝説でしかない...続きを読む
  • ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり1
    言わずと知れた児童ファンタジーの王道。
    ナルニア国の情景が目に浮かぶような美しい描写、古臭さがかえって想像力をかきたてられる言い回し、久しぶりに時間を忘れて読み進んだ。
    子供の頃に出会っていたら、きっと私も洋服ダンスの扉を意味もなく開けていただろう。
    子供の頃に出会いたかった良作。シリーズを続けて読...続きを読む
  • さいごの戦い ナルニア国ものがたり7
    私のバイブル。

    ただ最近の本は展開がど速いので、それに慣れてしまったのか、先日ちょっと眺めてみたけど、今はとても読めない。なんか悲しかった。でも、とにかく最高!そして、ちゃんと完結している、そこがまたまたすごいと思う。変な話、棺桶に入れてもらうつもり。
  • 馬と少年 ナルニア国ものがたり5
    ナルニア国ものがたり第5巻。今回はナルニアの世界の少年少女が物語の中心となります。漁師に拾われたシャスタは奴隷に売られそうになった処をもの言う馬ブレーと共に逃げ出しナルニアへと向かう。途中同じくもの言う馬と親元から逃げ出してきた少女アラビスと出逢うのだった。
    ブレーもアラビスも気位が高く、シャスタは...続きを読む
  • 魔術師のおい ナルニア国ものがたり6
    ナルニア国ものがたりのなかで一番好きな巻。
    ナルニアの創造が語られていきますが、そこにわざわいの種をもたらしてしまう、というストーリー。

    これは秀逸、と思ったのが「世界と世界の間にある世界」という設定。要するにメタ世界みたいなものでしょうか。それを考えると「メタ世界のメタ世界ってどうなってるの?」...続きを読む

特集