「大佛次郎」おすすめ作品一覧

「大佛次郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/08更新

ユーザーレビュー

  • 猫のいる日々
    初読みの作家ではあるが、若輩の頃に「だいぶつじろう」と読んで恥をかいたという意味では馴染み深い著者。猫エッセイということで購入し、戦前から戦後にかけての文章表現の移り変わりも楽しめた。家に最大で15匹の猫がいる生活があまりに飄々と書かれているが、たいへんだったろうと思う。巻末の小説、童話も味わい深い...続きを読む
  • 猫のいる日々
    20150921
    小説は未読だが、巻末の掌編と童話が良かった。
    買い求めたい。
    また、元町の記念館も訪ねたくなった
  • 鞍馬天狗2 地獄の門 宗十郎頭巾(小学館文庫)
    「地獄の門」も「宗十郎頭巾」も面白い。

    「宗十郎頭巾」は、ちくま日本文学全集の巻頭に入っていた作品だから、これで2回目。
    出だしから息もつかせぬ展開で、これはシリーズの中でもかなり良いできの作品なのでしょう。
    映画向きだといったけど、たしかにハリウッド系の娯楽映画としては最適だと思います。

    でも...続きを読む
  • 鞍馬天狗1 角兵衛獅子(小学館文庫)
    さっそく買ってきました。鞍馬天狗。
    鶴見俊輔編による全5冊のシリーズです。

    杉作が登場する本作品。
    息つく暇もない展開。
    面白いよ~。

    これをいまそのまま映画化しても受けるだろうなあ。
    近藤勇の描き方も新鮮です。
  • 猫のいる日々
    猫下僕はいつの時代も同じですね。

    許容を越えた子を捨てに行かせたり、いけないことをした子を叩いたり、という辺りに時代を感じました。
    ご近所にこんな家があったら毎日覗きに行くな。