宇野千代の一覧

「宇野千代」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/06/26更新

ユーザーレビュー

  • 生きて行く私
    さまざまな肩書を持ち、自由奔放に生きた宇野千代の自伝小説。
    どんな時でも、どんなことでも、それを辛い苦しいこととは思わずに、楽しい面白いと思うことができる。
    そんな生き方をしたいと思う。
  • 行動することが生きることである 生き方についての343の知恵
    行動が思考を引き出す。手で考える。手を動かすことにより、考える。
    思い込んだことは、その通りになって現れる。
    恐怖は判断を狂わせる。
    希望を発見することが上手な人は、生活の上手な人である。
    自信は成功の鍵である。
    褒めること、喜ばせることが人間関係の基本である。
    好意を受けたものは、好意で返す。
    ...続きを読む
  • 行動することが生きることである 生き方についての343の知恵
    かっこいい女だな、って思った。

    初めての宇野千代。

    文章はとぎれとぎれで、一行だけのものもあったりする。
    はじめは「?」と思うけど、読みすすめるほどにときめいて、ファンになってしまいそうだ。

    おれもこんなふうに生きてやる。

    追記
    神について。
    仕事をしていて悩んだ末に開けた道、は神によるもの...続きを読む
  • 行動することが生きることである 生き方についての343の知恵
    99歳まで生きた宇野千代さんの言葉集です。
    はじめは表紙が集英社文庫の『ナツイチシリーズ』で
    可愛かったので買ったのですが、中身も素晴らしかった!
    人生、幸福、人と人のつながり、恋愛、結婚、健康、暮らし方…どれもこれも私の心に響きました。
    何度も読みたくていつも持ち歩いています。
  • 薄墨の桜
    実話らしい表題作と八重山の雪という作品の2つが含まれている。
    ダ・ヴィンチで特集されていたのがきっかけ。
    なんだかいい文章で。個人的には、英国人の兵士との恋を綴った後者の方が好きだが。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!