亀井宏の一覧

「亀井宏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/01/12更新

ユーザーレビュー

  • ミッドウェー戦記(下)
    関係者の証言でよみがえる海戦当時の生々しい情景。飛龍とイ168号潜水艦の奮闘、活躍で
    何とか一矢報いたのはよかったが、勝って当然の戦いで敗れたのは痛かった。最大の敗因が
    連勝つづきによる気のゆるみや慢心、敵の過小評価にあったことは当時も認識されていた
    らしいが、それにしては判断を誤った山本長官...続きを読む
  • ミッドウェー戦記(上)
    太平洋戦争の転換点となったミッドウェー海戦の真相に迫るドキュメンタリー。戦後も存命中だった
    多くの関係者のインタビューを通じて、圧倒的に有利だったはずの日本海軍がなぜ敗れたのか、おぼ
    ろげながらわかるような気がする。いくつかの不運な偶然が重なったのは事実かもしれないが、
    真の原因は日本側の驕り...続きを読む
  • ガダルカナル戦記(一)

    圧倒的な情報量

    ガダルカナルとその周辺でおきた一連の戦闘とその遠因に関して圧倒的な情報量を誇る一作です。以前、紙の本を(1.2巻のみ)購入しておりましたがもう一度読み返したくなり電子版を購入しました。
    初めてガダルカナル戦について読む方には少々重すぎる気もしますが、当時の関係者への取材などに裏打ちされた内容は購入...続きを読む
  • ドキュメント 太平洋戦争全史(上)
    太平洋戦争の流れを知るには最適。
    ミッドウェイ海戦など、本来なら詳述されるような戦闘の内容は省かれていて、陸軍と海軍が戦争のどの段階で、何を考えて動いたかといったところに重点がおかれている。
    そういった観点では、この戦争で割を食ったのは、陸軍の方だったとつくづく感じる。
  • ドキュメント 太平洋戦争全史(下)
    日本軍ジリ貧。
    ことあるごとに”決戦”を唱えながら、それに至るまでに戦力を消耗し尽くしてしまい、”決戦”が”決戦”でなくなるのはどうしたことか。
    圧倒的な戦力差はあっただろうが、下手ないくさに終始した日本軍は、やはり組織として失敗だったのだろう。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!