広江礼威の一覧

「広江礼威」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:広江礼威(ヒロエレイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1972年12月05日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:マンガ家

『翡翠峡奇譚』でデビュー。『PHANTOM BULLET』、『ブラック・ラグーン』などの作品を手がける。代表作『ブラック・ラグーン』はアニメ化されている。

公式Twitter

値引き作品コーナー

作品一覧

2022/06/29更新

ユーザーレビュー

  • ブラック・ラグーン 1

    ハマった

    連載開始当時から単行本買って読んでた。線が整ってアクションにも勢いのある絵、立ったキャラ、洋画の吹き替えのような独特の台詞回し。ハマったなぁ。もう20年近くなりますが、何とか無事完結して欲しい。
    ちなみにバラライカさんは1巻のころのお茶目な感じのほうが良かったなぁ。
  • ブラック・ラグーン 2

    二人

    本来世界の違った二人。本当に命を懸けて本音をぶつけて理解を得るロック。タバコで火を分け合うシーンは印象的。
    そして「双子」登場。とあるゲームを思い出す。
  • まんが人物伝 野口英世 感染症とたたかった医学者
    日本人で、左手を炉端で火傷して不自由だったけど医者になった人。


    こんな知識ではいたけど…

    お金にだらしなかった…
    って言うエピソードが私の中に追加されました。笑
  • まんが人物伝 エリザベス・ブラックウェル 世界で初めての女性医師
    正直に言います。
    この方の名前、知らなかったんです。

    世界で初めて女医になった方。
    当時、女性で地位のある仕事に着くのって、すごく大変なことだったと思う。
    なかなか、学校の入学式も認められず
    やっと入学できたと思えば、授業の参加に認められなかったり…

    失明してしまうシーンはかわいそうだった。
    ...続きを読む
  • ブラック・ラグーン 12

    控えめに言って最高

    絵柄、ストーリー、流れるようなテンポ。
    表紙に気になり、無料試読を経てあっさり購入。その後ずっと楽しく読んでいる作品。
    続巻が出るまでに時間を要する作家さんのようだが、ものすごく楽しく読んでいます

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!