「小畑友紀」おすすめ作品一覧

「小畑友紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小畑友紀(オバタユウキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1月9日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:マンガ家

1998年に『Raindrops』でデビュー。代表作の『僕等がいた』がTVアニメ化と実写映画化された。

作品一覧

2016/07/08更新

ユーザーレビュー

  • 春巡る 1

    当たり前の生活にはないお話

    人は色々な経験をするけど、まさかって思う経験もある。
    心に準備が出来てなくて、一瞬で真っ暗闇に落とされる時も。
    自分の人生は一度きりだから、練習も心構えもなく毎日と向き合っていくけど、こういう本を読んで、自分の人生を重ね合わせて自分だったらどうしただろう!どうやって乗り越えて行くだろうって想像し...続きを読む
  • 僕等がいた(16)
    すごく良かった。矢野ー!やっと戻ってこれたんだから、矢野と七美のその後がもっともっと見たかった。若い頃に読んだ時とはまた違う感情がふつふつと湧いてきて、数年前は恋愛漫画なのになんだか暗くて重くて途中で読むのをやめたくなる、そんな漫画だった印象なのに、大人になってから読んだら矢野の背負ってた物の重さ、...続きを読む
  • 僕等がいた(15)
    矢野ってほんと色々背負っちゃってるなーと再確認した15巻。竹内くんの心の声が胸をきゅーーーーっとさせて辛かった。どうか君だけは元を見捨てないでくれ。
    アキちゃんよく言った!と思ったけど、その後の竹内くんとアキちゃんの会話に何かずーんときた。「他人の身体を傷つける行為は法的に許されてなくても、心を傷つ...続きを読む
  • 僕等がいた(14)
    うへーつらいー。竹内くんがつらいー。竹内くん心の中覗いてみたいくらい出来た男だな。それにしてもアキちゃんの酔っ払い故のミスがナイスだった。翌日自分の失態に気付いて七美のデスクの横でシクシクしてるアキちゃん可愛すぎた。七美とアキちゃんの同僚の関係すごい憧れる。いいなー。矢野と七美の電話も良かったな。過...続きを読む
  • 僕等がいた(13)
    竹内くんのプロポーズ。矢野の現状。矢野との再会。もどかしくてもどかしくて辛い。なんで誰1人幸せになれないんだろう。せめてアキちゃんくらい彼氏いたらいいのに!矢野と七美が再会したとこの、高校の頃が一番好きだよってとこやばかった。もはや泣いた。竹内くんが切なすぎる。なんであんないい男が余ってんだろ。

特集