「間瀬元朗」おすすめ作品一覧

「間瀬元朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:間瀬元朗(マセモトロウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:マンガ家

愛知県立芸術大学卒。1998年『AREA』でデビュー。同作で、第43回小学館新人コミック大賞を入選。『イキガミ』が実写映画化された。その他『デモクラティア』、『HE∀DS』(原作:東野圭吾)などの作品を手がける。

作品一覧

2017/07/14更新

ユーザーレビュー

  • イキガミ(10)
    完結していたことを今さら知ったので、未読だった3冊(8、9、10巻)を一気読みしました。ラスト直前数話で明かされた「真実」の一つには心底驚かされました。見事に騙された…。キレイに騙され過ぎて、「え?今の何?なんて言った?」状態。いやあ、騙されるでしょ…普通、これ。これだけおいしいネタが仕込んであった...続きを読む
  • デモクラティア(2)
    いくら言動を「多数決」で決定できても、
    彼女の「意志」が決まらなきゃ
    みんな何をよりどころに
    冬(=主人公)を操作していいのか
    わからないでしょ。
  • デモクラティア(1)
    新刊コーナーで1巻を見つけて、ちょっとでも気になったらとりあえず買うことにしてます。これはかなり良かった。
  • イキガミ(10)
    いや~、最終巻タイヘンなことになっちゃったな。

    「日本じゃない」という不自然なことわりのあとは、(そんなこと一切出てこないのに)原発、デモ、自民党の3つしか思い浮かばなかったよ。

    おそらく連載がスタートした2005年は、こんな結末にしようなんてきっと思ってなかったはず。すごいな、こういうメッセー...続きを読む
  • イキガミ(9)
    「国繁予防接種」命を救う職業の医師が1000人のうち1人を確実に死に至らしめる注射をしなくてはならないという葛藤。医師が自分に注射をする姿に泣けた。「二人の戦没者」2つの家族の祖父と孫に関わる因縁の話。些細なことで人生は大きく変わっていく。

特集