「小倉紀蔵」おすすめ作品一覧

「小倉紀蔵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/11/24更新

ユーザーレビュー

  • おれちん
    ★改めて読まねば★随分前によんだ読んだが、極めて面白かった社会分析。「おれさま」と「ぼくちん」を、自己評価の高低と社会への開き(他者からの評価)に応じて4区分する。「ぼくさま」などほかのカテゴリーがどんな内容だったか忘れたが、自己中心的でいばり、かつ自閉的な「おれちん」には笑った。日本三大おれちんは...続きを読む
  • 入門 朱子学と陽明学
    入門と言っても私には内容深かった。十分内容を咀嚼できていないと思う。陽明学について書かれた書を探していて、新刊だったので手に取った。面白かったのは論語を読む場合、それに対する注や解釈が大事であるという事。解釈の比較、色々な解釈から自分の解釈を探す、考えるという事が重要。(しかし私の場合、不勉強でそこ...続きを読む
  • おれちん
    [ 内容 ]
    小泉前首相、安部首相ら、おれちんリーダー、ニートやひきこもりになる若者…肥大化した自己愛を抱えつつ孤絶し、漂流する人たち。
    彼らの深層心理に鋭く迫る。
    気鋭の韓国哲学者による待望の次世代日本人論。

    [ 目次 ]
    おれちんの日記
    「おれちん」万歳!
    「おれちん」とは何か
    「おれちん」の...続きを読む
  • おれちん
    ふざけたタイトルだが、結構しっかりと現代社会を捉えている。日記みたいな形でストーリーは進んでいくが、自己中心的かつ内向的な日本人が増えてきて主流になっていると書かれている。ただ、それが良いのか悪いのか、またその後の社会はどうなるかということについて、意外なまとめ方でおさめている。
  • 嫌韓問題の解き方 ステレオタイプを排して韓国を考える
    小倉紀蔵が良かった。

    樋口の章は別に参政権とかどうでもいい

    嫌韓問題の解き方が知りたいのだ。読者は。