おれちん

おれちん

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

韓流でブレークした気鋭の韓国哲学者が、日本人の新しい類型を発見した。それは、「おれちん」。上昇志向が強い「おれさま」と、自分の世界にひたすら引きこもる「ぼくちん」が合体し、自分勝手で、コミュニケーション能力に劣り、公共性概念の欠如した「新族」が誕生した。代表的な「おれちん」である小泉元首相、中田英寿、ホリエモン、イチローなどを徹底的に解体分析した、待望の次代日本人論。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
247ページ
電子版発売日
2011年02月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

おれちん のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年11月21日

    ★改めて読まねば★随分前によんだ読んだが、極めて面白かった社会分析。「おれさま」と「ぼくちん」を、自己評価の高低と社会への開き(他者からの評価)に応じて4区分する。「ぼくさま」などほかのカテゴリーがどんな内容だったか忘れたが、自己中心的でいばり、かつ自閉的な「おれちん」には笑った。日本三大おれちんは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ふざけたタイトルだが、結構しっかりと現代社会を捉えている。日記みたいな形でストーリーは進んでいくが、自己中心的かつ内向的な日本人が増えてきて主流になっていると書かれている。ただ、それが良いのか悪いのか、またその後の社会はどうなるかということについて、意外なまとめ方でおさめている。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年06月07日

    [ 内容 ]
    小泉前首相、安部首相ら、おれちんリーダー、ニートやひきこもりになる若者…肥大化した自己愛を抱えつつ孤絶し、漂流する人たち。
    彼らの深層心理に鋭く迫る。
    気鋭の韓国哲学者による待望の次世代日本人論。

    [ 目次 ]
    おれちんの日記
    「おれちん」万歳!
    「おれちん」とは何か
    「おれちん」の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

朝日新書 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング