「川上浩司」おすすめ作品一覧

「川上浩司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/10更新

ユーザーレビュー

  • ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じているなら、不便をとり入れてみてはどうですか? ~不便益という発想
     「不便益」と言う聴き慣れない言葉ですが、簡単に言うと現代社会のものさしからは「不便」と思われがちなことに、「益」を見出す発想です。本書の内容は、簡単に表現できませんが、とにかく目の付け所に驚かさせるし、知らなかった事ばかり、納得する事ばかりです。
     この感覚を意識するだけで、不便な事から楽しみを探...続きを読む
  • 京大式DEEP THINKING
    「深く考える」について論じた一冊。
    はじめの方はひたすら鉛筆の話をしていて、「何の本だこれ」と思っていたのだけど、最後まで読み通すと、「便利なこと、早いことばかりが良しとされる現代に警鐘を鳴らす本」であったし、「『不便益』の一端を垣間見れる本で、とても興味深く読んだ。


    文中で、AIの「ディープラ...続きを読む
  • 京大式DEEP THINKING
    不便益でおなじみの川上先生の著書です.

    不便益の中でも結構コアを占めていると思われる「ちゃんと実感を伴うまで考える」という益について論じています.

    自動化・効率化という「便利」が発展していく中で,最近では世間的にも便利害として認知されてきている「みんなじっくり考えなくなってきているのでは?」とい...続きを読む
  • 不便から生まれるデザイン : 工学に活かす常識を超えた発想
    便利が豊かに直結しない時代はしあわせで不幸だ。
    というのがよくわかる。成熟社会の贅沢な悩みだなぁ……。
  • 不便から生まれるデザイン : 工学に活かす常識を超えた発想
    便利 = 不便であり 不便 = 便利である
    それを総称した言葉が不便益? 考え方はそれでよいのか?