高橋洋の一覧

「高橋洋」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/10/16更新

ユーザーレビュー

  • 眠りがもたらす奇怪な出来事 脳と心の深淵に迫る
    本書の原題は「The Nocturnal Brain」、"夜行性の脳"とでも訳せようが、眠りといえば、日の出・日の入りと同じように万人に規則正しく訪れ、脳にとっての休息…では全くないことが睡眠医学の専門家によって描かれる。
    それは多少の不眠や起床リズムのズレなどとはほど遠く、完全に昼夜逆転するこ...続きを読む
  • 眠りがもたらす奇怪な出来事 脳と心の深淵に迫る
    タイトル通りの本。

    睡眠異常と遺伝、エピジェネティクな要因、現在の環境要因、脳。。。
    いろんなパラメータで、睡眠の側面を明らかにしていく。
    また、治療法だけでなく治療経過、結果も詳らかにされていく。

    意外と完治しない。

    今夜眠れる人は、幸せを噛み締めたほうがいい
  • 反共感論 社会はいか判断を誤るか
    相手の感情をミラーリングした情動的共感。
    一般に「共感」というものは絶対的に善であるとされているが、
    本書では冒頭にあげた「情動的共感」が、ある局面、具体的には道徳的判断などにおいては悪しき作用をもたらすというショッキングな主張が展開される。

    目の前で困っている子供と、遠くアフリカで生死さえ確かで...続きを読む
  • 反共感論 社会はいか判断を誤るか
    非常に重要。特にSNSで暴れたい人々は読んでおくべきだと思う。



    訳者の高橋先生はいつも偉い。他にも、この本で論じられてるような最近の主要な論者の翻訳もいろんな先生によってけっこうなされていて、ほんとうによい時代になったねえ。
  • 進化の意外な順序 感情、意識、創造性と文化の起源
    少し読みにくいせいか『デカルトの誤り』のようにはすんなりと頭に入ってこなかったが、ソマティックマーカーからさらに進めて、ここではホメオスタシスをキーにして生物(身体)に感情が生れていく過程、そしてそれが個体間にも広がり、人間社会・文化の先駆けになったということが語られている。
    多細胞動物では個々の細...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!