高橋洋の一覧

「高橋洋」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/10/16更新

ユーザーレビュー

  • 反共感論 社会はいか判断を誤るか
    相手の感情をミラーリングした情動的共感。
    一般に「共感」というものは絶対的に善であるとされているが、
    本書では冒頭にあげた「情動的共感」が、ある局面、具体的には道徳的判断などにおいては悪しき作用をもたらすというショッキングな主張が展開される。

    目の前で困っている子供と、遠くアフリカで生死さえ確かで...続きを読む
  • 反共感論 社会はいか判断を誤るか
    非常に重要。特にSNSで暴れたい人々は読んでおくべきだと思う。

    訳者の高橋先生はいつも偉い。他にも、この本で論じられてるような最近の主要な論者の翻訳もいろんな先生によってけっこうなされていて、ほんとうによい時代になったねえ。
  • 進化の意外な順序 感情、意識、創造性と文化の起源
    少し読みにくいせいか『デカルトの誤り』のようにはすんなりと頭に入ってこなかったが、ソマティックマーカーからさらに進めて、ここではホメオスタシスをキーにして生物(身体)に感情が生れていく過程、そしてそれが個体間にも広がり、人間社会・文化の先駆けになったということが語られている。
    多細胞動物では個々の細...続きを読む
  • 進化の意外な順序 感情、意識、創造性と文化の起源
    訳者あとがきにもありますが、文章表現は難解も難解です。ただ、言わんとすべきは、始まりがホメオスタシスにあるということと、感情は脳だけで説明できないっていうソマティックマーカー仮説っぽい、いかにもダマシオ先生という言及は一貫しています。その流れに乗りさえすれば理解が進むと思います。あとがきを引用すると...続きを読む
  • 進化の意外な順序 感情、意識、創造性と文化の起源
    本書はアントニオ・ダマシオの新作である。
    ダマシオは、「なぜ、そしていかに情動が生じるのか?私たちはどのようにそれを感じ、感情をもとに自己を築き上げるのか?感情はいかに最善の意図を支援したり阻害したりするのか?なぜ、そしていかに脳は身体と相互作用し、その機能を支援するのか?」という問いの答えを求めて...続きを読む