正高信男の一覧

「正高信男」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/19更新

ユーザーレビュー

  • ケータイを持ったサル 「人間らしさ」の崩壊
    サルの生態に現代人が近づいていることを挙げ、現代の社会問題にメスを入れている。

    夫をないがしろにして、子に期待を押し付ける主婦、専業主婦の生態など、うすうすみんなが感じていることを的確に文字にしてあり、大変おもしろく読めた。

  • 自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実
    ピンク色のハイライト | 位置: 86
    近年、脳多様性(ニューロダイバーシティ:neurodiversity)という概念が流布しつつある。自閉症、読み書き障害、注意欠陥/多動性障害(ADHD)のような状態は、技術と文化の発展に貢献するそれぞれ固有の強みを持つ、自然に起こる認知的多様性とみなされるべき...続きを読む
  • 自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実
    とても面白かったです。「自閉症」がどのような歴史を
    経てきたのかとても詳細に書かれています。

    自閉症の人や研究者の数名の人物が詳細に記載されています。印象に残ったのは

    化学者・物理学者ヘンリー・キャヴェンディッシュ
    アスペルガー症候群の研究者ハンス・アスペルガー
    小児自閉症(カナー症候群)の研究...続きを読む
  • コミュ障 動物性を失った人類 正しく理解し能力を引き出す
    いろいろな評価、生き方があってよいと思う。
    ただ、自分自身を解ろうとする気持ちは持ち合わせていたいものだ。
  • ケータイを持ったサル 「人間らしさ」の崩壊
    タイトル通り、人間と猿との違いを例に挙げながら、行動学なども織り交ぜた、現代人へ警鐘を鳴らすないようだと思う。実験や様々なデータを基に、著者の考えがまとめられている。
    「ひきこもり」「ケータイ依存症」「少子化」「社会性の欠如」など、便利なツールであっても、使い方次第で人間性が失われていくのだと感じた...続きを読む