【感想・ネタバレ】コミュ障 動物性を失った人類 正しく理解し能力を引き出す のレビュー

値引き価格 704円 (税込) 2月20日まで
通常価格 880円 (税込)
3.6
7件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年07月19日

いろいろな評価、生き方があってよいと思う。
ただ、自分自身を解ろうとする気持ちは持ち合わせていたいものだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月04日

コミュ障の人は細かい部分によく気がつくが、全体感の把握が苦手。他人の怒り、困惑を察知する脳の働きが弱いが、他人からのリアクションが必要ないわけではなく、ネガティブ、ポジティブに関わらず、リアクションを求めている。
うーん、とても思い当たる。
普通の人間は本能的にポジティブなリアクションよりネガティブ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月07日

コミュ力が低いというとネガティブに捉えられがちだが、相手の言動にいちいち捉われず没頭できる人は知的能力が高く、天才と言われている人も多いそうだ。コミュ力の高低は良し悪しではなく、それぞれ長所短所を伴う特性に過ぎない。周りのコミュ力が低い人のこともよい面を正しく評価し、自分がコミュ力低いと思っている人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月29日

イマイチ評判の良くない『ケータイを持ったサル』と同じ著者ですが、ブルーバックスから出ているので気になって読んでみました。

「コミュ障」の定義から始まり、知的活動への極度の依存(とは書いてないが、いわゆる依存している状態)を、否定的に見るのではなく、客観的に捉えるところがなかなか面白かったし、チェス...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月12日

活字を求めて、そして自分を知りたくて読んでみた。引きこもりの人がなぜ引きこもりという生活スタイルを選択するのか、その心理過程(思考過程かな)が、昨今の自分の体験したことに酷似していて、やはり自分はコミュ障だと実感した。
途中、データは神が与えたものとか、オタクとしてキモいと言われたくないならSNSで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月26日

著者は霊長類の研究者で心理学の専門家。そのため、猿などの実験を通して動物と人間の比較からの著書が多いようです。今回は職場などの人間関係に難のあるコミュニケーションに障害のある人、いわゆる「困ったちゃん」をどう扱うか。副題に正しく理解し能力を引き出す、とあります。実際にコミュニケーションの言葉が日々絶...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月23日

自分がコミュ障爆進中なので、社会へのより良いコミットメントを考えるきっかけになるのではと思い読んでみた。

「コミュ障」という言葉も人によって使われ方が違うと思うのだけど、この本で示す「コミュ障」の対象が自分の中の認識とずれていたのでメモ。

・この本での「コミュ障」:
自分の主義・主張を盲目的に信...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?