山口裕之の一覧

「山口裕之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/08/10更新

ユーザーレビュー

  • 「みんな違ってみんないい」のか? ──相対主義と普遍主義の問題
    「正しさは人それぞれ」論や「言語が異なると世界の見方が異なる」説などを紹介しながら、「正しさ」がどのように作られるのかを解き明かしていく内容だが、説明の仕方が丁寧な日本語なのでよく理解できた.多くの思想家の引用も多く、当然さまざま言語で理解された上で日本語で説明されていることを思うと、非常によく勉強...続きを読む
  • 「みんな違ってみんないい」のか? ──相対主義と普遍主義の問題
    みんな違ってみんないい。
    相田みつをさんには悪いけど、
    耳ざわりのいい言葉には注意が必要だ。
    「みんな違ってみんないい」を便利に使ってないか。
    そこからさらに踏み込まず、互いを理解することから逃げていないか。
  • 「みんな違ってみんないい」のか? ──相対主義と普遍主義の問題
    相対主義と普遍主義についてのいろんな議論を歴史を追って紹介・説明されていてたいへんわかりやすいです。ロジックの立て方が自分に合っていたというか、ちょうど疑問に思ったところの次にその答えが説明されるという感じですらすら読めました。
  • 「みんな違ってみんないい」のか? ──相対主義と普遍主義の問題
    初心者向けの哲学の本として、わかりやすい。ポイントが太字で書いてあり、概念がひとことで簡潔にすぐ説明されている。哲学を復習するにはベストな本である。
  • 「みんな違ってみんないい」のか? ──相対主義と普遍主義の問題
    第3章が特に響いた。一部要約。

    「正しさは人それぞれ」
    「絶対正しいことなんてない」
    「何が正しいかなんて誰にも決められない」

    こうした言葉は、より正しいことを求めていく努力をはじめから放棄する態度を示している。

    「正しさ」は、どのようにふるまうことが道徳的に正しいのかについての共通理解のこと...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!