末永幸歩の一覧

「末永幸歩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/02/20更新

ユーザーレビュー

  • 「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考
    「アート思考」とは一体何か、代表6作品を通じて説明されている一冊。美術作品を見たが、作者も作品名も覚えてないが、そこからどんなことが分かるのか、「アート」とは一体何なのか、深く考えさせられた。あるものの普及により、創造性が必要となり、探求の根を伸ばし続けることを強いられたアーティストは、アートをどの...続きを読む
  • 「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考
    私はこれまでなんとなく自分が大人になった気がするとかお洒落な感じがするという理由で美術館に行ってみたり絵画の本を読んでみたりしていました。でも、心の中では絵を見てもすぐに飽きてしまうしそういう自分にもわたしには感性とか美的センスが全然ないんだなとがっかりしていました。
    しかしこの本を読んで、いかに自...続きを読む
  • 「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考
    西洋美術の基礎はルネサンス期に確立した。当時、画家は職人としての役割、自由な創作ではなく、権力者(教会や貴族)の依頼に答えるために作品を残していた。作品には権力の象徴や文字のかわりに宗教を広める役割があり、故にリアリティ、臨場感のある表現が求められていた。
    これを知っているだけでも美術品の見方が変わ...続きを読む
  • 「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考
    アートをどう鑑賞するのか、という切り口ではあるが、仕事や日常で幅広く応用できる考え方を教えてくれる。

    人の意見に流されたり、いわゆる正解を求めたりしないで、自分なりの意見をもつことは大事。
    そのために、アウトプット鑑賞という方法を提案されていた。これはシンプルでとても強力な手法だなと思う。応用もか...続きを読む
  • 「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考
    自分の考えの視野が広まった。
    これからは、アートを深くまで見れると思う。
    芸術鑑賞など全くしたことがないが、この本をきっかけに新たな趣味として芸術鑑賞ができそうだ。
    メモ
    絵を見るときは4つの視点から楽しめる
    1 アウトプット鑑賞
     作品を見て、気がついたことや感じたことをアウトプットする。その後出...続きを読む