冨島佑允の作品一覧

「冨島佑允」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2023/09/22更新

ユーザーレビュー

  • 見るだけでわかる微分・積分
    微分積分が全くわからない、知らない状態からでも、難しい数式の理解なく読み進めることができるため、文系におすすめしたい。
    一定の変化ではないものも、細かく分けて考えて、元に戻すことで変化が読み取れたり予測できるという考え方は日常生活でも応用できる数学的思考だと思った。
  • 数学独習法
    数学のやり直しというか高校のころは全く勉強していなかったので、まさに今新しい勉強をしている感じです。 難しいてけど、新しく覚えるものは楽しい!
  • 見るだけでわかる微分・積分
    名前は知ってるけれど、何だっけ?

    の代表格とも言える「微分積分」を、
    細かく細かくかみ砕いて、
    それを一つひとつ簡単にしてわかり易くしている
    とても良い本でした。

    上記の「細かくして簡単にする」これがまさに
    「微分」
    微分で分かりやすくなったものを集めて
    「全体をまるっと理解してしまう」これがま...続きを読む
  • 数学独習法
    良書!あとがきの「1.大事な専門用語を丁寧に解説する」に完全納得。日常用語に置き換えて理解しても、別の参考者や問題文を読むときにスッと入ってこない、結局、途中で頓挫する…の必敗パターンから抜けるために必要なこと。「3.なぜ数学を学ぶのか」も百遍同意。三角関数とバリアフリー傾斜路。
  • 物理学の野望~「万物の理論」を探し求めて~
    古代ギリシャからガリレオ、ニュートンまでの科学の歴史はよく知られているが、その後の18~19世紀の科学史が理解しやすいと思った。
    18~19世紀は熱、光、電磁気を、統一された物理法則で理解しようと挑戦し続けた過程が整理されていて、自分としてはこの部分が一番良かった。
    水力発電、火力発電、原子力発電の...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!