この世界は誰が創造したのか シミュレーション仮説入門

この世界は誰が創造したのか シミュレーション仮説入門

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

気鋭の哲学者ニック・ボストロム、億万長者の起業家イーロン・マスクが声高に主張する「シミュレーション仮説」。VR、AI、コンピューターの進化でみえてくるこの世界の真実とは!?

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
200ページ
電子版発売日
2019年08月16日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

この世界は誰が創造したのか シミュレーション仮説入門 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月03日

    シミュレーション仮説についてわかりやすく解説。
    そもそも人間は感覚器官で捉えた情報をもとに脳が再現している仮想世界に生きているということ、水槽の脳やマトリックスの話、ボストロムの論文からこの世界がシミュレーションである確率が限りなく高いことを説明したり、シミュレーションである場合に都合がよいと思われ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月19日

    「シンギュラリティ」の次にイマジンの中で熱いバズワードが「シミュレーション仮設」。

    「テクノロジー」の分野の対局側にある「スピリチュアル」。この2つの分野が合わさったかのような「シミュレーション仮説」とは「我々はシミュレーションの中で生きている」という解釈。

    グランドセフトオートやレッドリデンプ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています