藤水名子の一覧

「藤水名子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/07/24更新

ユーザーレビュー

  • 闇公方の影 旗本三兄弟 事件帖1
    男三兄弟もさながら、
    三兄弟のお母さまや、次男の見合い相手さん
    など、女性陣も魅力的。

    父の死に実は陰謀が?と匂わせて次巻へ。
    表紙イラストがスカイエマさんなのも嬉しい!

    久々に面白い時代小説に出会った。
    難しい用語もあまり出てこないので
    読みやすい。

    ドラマ化期待。
  • 枕橋の御前 女剣士 美涼1
    藤水名子さん、中国ものをお書きのデビュー時から、大ファンでした。作品を発表なさるベースが割とゆっくりなので、ちょっと寂しかったですが。登場人物が心理的にオトナばかりなので、非常に面白いです。

    両親を知らず、廓から助け出された美少女美涼。最愛の許嫁を殺され、傷心の中で生き、美涼を引き取って養育した美...続きを読む
  • 姫君ご乱行 女剣士 美涼2
    前巻より、美涼と隼人正の仲が、ちょっと進展する…いや、それより隼人正の心の闇の源であった、許嫁を殺害した人物との決着がこのお話で着きます。かつて隼人正が、いかに深く許嫁の美里を愛していたか、凄絶な剣技や美貌だけでなく、こころのありようの男前さもうかがい知ることが出来るお話です。

    敵は、本来、敵にな...続きを読む
  • 赤壁の宴
    孫策と周瑜が好きならこれを読まないと損します!というぐらいお勧めの一品。でもBL好きな人に限るかなぁ~。私にとっては珠玉の一品です。
  • 赤壁の宴
    読み始めたときは、孫策と周瑜の微妙な関係性にドキドキしたのですが
    読み終わった後はひたすら讃辞。

    周瑜の秘めた心情にぐいぐい引き込まれたまま、舞台は赤壁へ。
    ここでいっそ爽やかなくらいにいろんなものが昇華された気持ちがしました。
    周瑜最期のシーンにはもう涙涙です。

    三国志を素材にした読み物はたく...続きを読む