枕橋の御前 女剣士 美涼1

枕橋の御前 女剣士 美涼1

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

十年前、旗本二千石本多隼人正は若年寄配下の先手組頭として諸国を探索中、長崎の丸山遊郭で十一歳の禿と出会い、故あって養女とし剣の技を教え込んできた。美しく成長した男装の美剣士・美涼は、深川八幡で破落戸の喧嘩に出くわし、助けた男は島帰りだった。これを機に美涼や隼人正の周りに不穏な輩が現れ、見えない敵との戦いが始まり、師父と養女の剣が闇を切り裂く。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2013年01月11日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

枕橋の御前 女剣士 美涼1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    藤水名子さん、中国ものをお書きのデビュー時から、大ファンでした。作品を発表なさるベースが割とゆっくりなので、ちょっと寂しかったですが。登場人物が心理的にオトナばかりなので、非常に面白いです。

    両親を知らず、廓から助け出された美少女美涼。最愛の許嫁を殺され、傷心の中で生き、美涼を引き取って養育した美...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月01日

    藤水名子さんの時代小説。
    昔は中国活劇系が多かったけど最近は日本のを多く書かれているのでしょうか。
    チャンバラものですが、人物関係は藤さん節そのものw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月30日

    シリーズ第一弾
    養父隼人正と養女美涼との係わりと、島帰りの竜次郎の件を解決することにより、長崎時代の宿敵・鳴海屋との対決

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月27日

    十年前、旗本二千石本多隼人正は若年寄配下の先手組頭として諸国を探索中、長崎の丸山遊郭で十一歳の禿と出会い、
    故あって養女とし剣の技を教え込んできた。美しく成長した男装の美剣士・美涼は、深川八幡で破落戸の喧嘩に出くわし、助けた男は島帰りだった。これを機に美涼や隼人正の周りに不穏な輩が現れ、見えない敵と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

女剣士 美涼 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 枕橋の御前 女剣士 美涼1
    十年前、旗本二千石本多隼人正は若年寄配下の先手組頭として諸国を探索中、長崎の丸山遊郭で十一歳の禿と出会い、故あって養女とし剣の技を教え込んできた。美しく成長した男装の美剣士・美涼は、深川八幡で破落戸の喧嘩に出くわし、助けた男は島帰りだった。これを機に美涼や隼人正の周りに不穏な輩が現れ、見えない敵との戦いが始まり、師父と養女の剣が闇を切り裂く。
  • 姫君ご乱行 女剣士 美涼2
    三十年前と同じ通り名の強盗が出没。女剣士・美涼は、養父である旗本の若隠居・本多隼人正に、なぜ配下の目付を使わないのかと詰め寄る。隼人正は、許婚を殺し獄門になったはずの盗賊がまた現れたことに、更に美涼の前に現れた男に不審を抱き、元凶がかつて自分を翻弄した将軍家の息女・佳姫ではないかと疑う。三十年前の決着をつけるべく、隼人正と美涼の豪剣が舞う。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

二見時代小説文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング