「金森誠也」おすすめ作品一覧

「金森誠也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/23更新

ユーザーレビュー

  • 恋愛と贅沢と資本主義
    ちょうどプロ倫と対極をいく本でしょうか。ウェーヴァーは哲学の体系の中に組み込まれているという意味で感動するけど、ゾンバルトの理論が今となっては研究の対象になるべきだなぁ。
  • 超訳 ゲーテの言葉
    自己コントロールは自由に出来る
    自分の感情を自由に処理したり扱ったりできる。

    短期は人生を厄介なものにする

    考えは言葉の質と量で決まる

    自分しか証人のいない試練をかけることで、本物の自尊心が手に入る
  • 教養として知っておきたい 世界の名作50選
    これはあらすじだけのツマラナイ本ではない。

    取り上げられている作品に対する著者の熱い思いが伝わって来て、こちらの読書欲が大きく刺激される。
  • ユダヤ人と経済生活
    第1部 近代国民経済形成へのユダヤ人の関与
     第一章 調査方法―関与の方式と範囲
     第二章 16世紀以来の経済中心地の移動
     第三章 国際商品取引の活性化
     第四章 近代植民地経済の創設
     第五章 近代国家の建設
        Ⅰ 御用商人としてのユダヤ人
        Ⅱ 財政家としてのユダヤ人
    第2部 ユダ...続きを読む
  • 心に突き刺さるショーペンハウアーの言葉 人生、孤独、悩み、恋愛ほか
    哲学者の物の見方というのは常人のそれとは、言い方を変えると”ずれている”と思います。ずれているから物事の本質を捉えられるのかなとも思います。この本に書かれているショーペンハウアーの言葉は読んでいて心が温まる感じがします。正に、”読んでおいて、損はない!”です。